2012年02月13日

[雑談] 国産シャーペンは名作豊富

その時によって一番良いと思うシャーペンが変わります。
なので、これが最高傑作だ、なんて思っても次の日にはやっぱりあっちの方が好きかも、ということになったりします。
そういうことが起こるのも、良いものが多いからですね。

ネットでは製図用ばかりが話題になる傾向がありますが一般筆記用にもたくさん良い物がありますね。
国産低価格シャーペンは本当にハイレベルです。
posted by masati at 00:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | シャーペン雑談

2012年02月12日

[店] 世界堂のがらくた市は額縁市だった

昨日から世界堂本店で行われている画楽多市というのを覗いてきた。

趣味で悠々と絵を書いていそうなご婦人方が大挙して押し寄せていた。
肝心の商品は、額縁(フレーム)しかないといっても良いほど。他のものは筆少しとカッティングマット数枚と、マイメリのアクリル絵具少し、程度。値引きも50%ぐらいだったのかな。

2Fの製図シャープコーナーにはAin芯があって、AinStein芯は1Fにあった。
SHU芯に現品限り!の表示をつけて煽ってたけど、ナノダイヤのほうがいいよねえ。ケースも改良されているし。

2Fカウンターの上の現品限りのケースにプロメカ1000Mと1000Pが置かれていた。1000Pは違うだろ。
並べてみると1000Mのほうがグリッパーの加工が手が込んでいて良い軸に見えた。
ただ先端のぐらつきは1000Pのほうが少なかった。きっちりチェックしなかったので個体差の可能性も大だが。
1000Pも1000Mと変わらずグリッパーがゆるゆるグラグラで気が散りそうだったので欲しくならない。
グリッパーやその付近を可動部品にするのは難しいね。

現品限りケースにグラフギア1000のBPもあった。
posted by masati at 16:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | お店

オートマックを見てきた

個人的な感想。
・先端のぐらつきはあり。
・グリップはグラフレット500のグリップをマットにして太くした印象。
・軸とグリップ間のぐらつきはなし。
・ちょっと重い。
・黒のほうが売れていた。

値段の高さはギミック代という印象。
目立った欠点も感動もなかったので書きたいこともない。
オートマチック機構に興味がないせいか使い道が思いつかなかった。
posted by masati at 04:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | メモ

2012年02月07日

[雑談] セーラー万年筆社が虫の息

shares.ne.jpというサイトより。
shares_sailor.png

これはひどい。右下の黄色い資本がどんどん減っているのがわかります。

10年間の株価。http://bigcharts.marketwatch.com/ より。
bigchart_sailor.png

1株500円だった時代もあるんですね。今は30円ぐらい?

経営のことは知らないので製品について。
といっても、製品もあまり見たことがありません。

メタリノシャープが気になっているのですが見たことないです。
フェアラインミルクも店に並んでいれば売れそうなデザインと価格ですが見覚えがないです。
http://www.sailor.co.jp/lineup/sharp-pen/21-5082 ←フェアラインミルク

マルチペンですが、マルシャンジェイピーは金属軸にローレットの組み合わせが面白くてよさそうですね。色もきれい。
http://sailorshop.jp/SHOP/16-0119.html
この手のペンは便利そうに見えても、ペン先がガタガタする上にリフィルのインク量が少なく、大量に書くには向かないので俺は買いませんが、かなりいい感じに見えます(実物を見ないとわかりませんが)。
金属軸はだいたい丈夫で好きなので固定スリーブのシャーペンだったら買ったかもしれません。

万年筆はたぶん良いものなのでしょうが、万年筆自体売っている店がほぼないのでますます売れない気がします。

製品は頑張っているようですが、店に並んでないものは売れないという。

まあ、客のために頑張れば後から儲けがついてくる、という成功論をたまに見かけますがありゃ嘘だということがわかりますね。
子供から金を巻き上げる携帯サイトなんかより、はるかに客のためになっている企業だと思うので。
posted by masati at 21:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | シャーペン雑談

2012年02月06日

[メモ] テクトツーウェイシリーズの替えパーツが売られていた

テクトツーウェイシリーズの替えパーツ(Tect2way、Tect2way Light)がゼブラ公式で販売されていることを今日知りました。
一年ほど前からやっていたっぽい?

口金(105円)、ノック部(52円)、グリップのゴム(52円)、クリップ(105円)が送料無料で販売されています。口金が105円とは思ったより安いですね。
http://www.zebraservice.jp/products/list.php?category_id=133

この他のパーツはマルチペン用ばかりで個人的にはめぼしいものがありませんでしたが、テクト系の口金が気軽に買えるのはいいですね。
テクトシリーズは口金の穴が緩いのか芯がぐらぐらするので買いませんが、他のメーカーでこんな風に気軽に部品が買えたらいいのになあ。

いずれにしろ、テクトシリーズを使っている人にとってはうれしいでしょうね。
posted by masati at 00:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | メモ