2012年04月21日

[雑談] でこぼこの紙にはラバーグリップ

ラバーグリップも便利ですね。
サンスターのシャーペン(Flavorの硬度表示つきタイプ)のラバーグリップがネバネバぐちゃぐちゃになったのがショックで、以前は嫌いだったのですが。

145_ergono_flavor.jpg
同時期に買って酷使していたエルゴノミックス(上)は元気なのにフレーバー(下)と来たら…。グリップ部分は捨てました。プニュグリップをはめてごまかしてあります。
同じ場所に同じように保管してあったので、保管条件の差ではないです。
エルゴノミックスはグリップ以外もとてもしっかりした作りで良いです。どちらも買ったのは2000年頃だったかな。

High Whiteというコピー紙の表面がでこぼこで振動がきついことがあるのですが、ラバーグリップのシャーペンだと振動をあまり感じなくなります。
今は主にオートのSP-505Pで書いて、指が痛かったり振動がきつかったらPROUSE MSD-500に変える感じです。
PROUSE MSD-500はちょっとキャップの重みを感じることがあります。

以下、紙の印象。紙は安さ重視であまり気にしていませんし、詳しくもありません。

■PPC用紙 High White A4
http://www.p-tano.com/226-3793/
表面がややでこぼこです。
ラバーグリップ無しのぐらつきのないシャーペンで書いていると、紙のでこぼこが手に伝わってきて指がしびれることがあります。
砂利道を自転車で走っているような気分です。でこぼこを感じない時もあるのですが。

万年筆ではひっかかりが強くガリガリとしかいいようがない書き心地です。書く気がなくなります。他の紙では滑らかなので紙の問題ですね。

なんだかんだで絵と字用で100枚以上消費したので使えることは使えますが、似た値段でもっと書きやすい紙があるでしょう。

■Tanosee αエコペーパータイプJ B5
http://www.p-tano.com/226-4820/
これもぱーそなるたのめーるで買ったもの。値段のわりに使いやすい紙だと思います。
High Whiteと比べると表面がなめらかで書きやすいです。

一時期この紙にプレピー万年筆などで日記をつけていましたがなかなか書きやすかったです。
たまに裏抜けしている部分がありますが、ペリカンやプラチナのブルーブラックの部分は平気でした。

■トッパンの(?)マルチカットペーパーホワイトA4 500枚入り
だいぶ前に使いきったのであやふやですが、色もなめらかさもαエコペーパー B5と似たようなものかな。
http://www.clevery.co.jp/eshop/g/g4994389329714/?utm_source=recomend&utm_medium=4994389329714
これ。ベスト電器で500枚400〜500円だったと思います。
posted by masati at 18:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 使ってみた