2012年05月27日

[雑談] グラフギア1000は製図用ではなかった

ニコニコニュース:高級シャーペンの実力について聞いてみた!
http://news.nicovideo.jp/watch/nw270646
より。
ぺんてる営業の丸山さんという方が、高級シャーペンというより製図用シャーペンについて語っています。

>「弊社製図用シャープペンシルの特徴は、低重心設計で細身に作られていること
>製図用の特徴としては、ペン先に重心がある低重心タイプになっていて、安定した書き心地であること。重心が上にあるとフラフラしてしまうイメージはお分かりいただけると思います。
>弊社の製図用シャープペンシルは、クリップが外れるようになっています

えっと、グラフギア1000の立場は…?

pentel_graphgear1000.jpg
(写真)高重心でクリップが外せないグラフギア1000。フラフラするよ!

グラフギア500やグラフ1000といった製図用の宣伝文句が、そのままグラギ1000の悪口になってしまっていて面白くて笑ってしまいました。ユーモアに溢れています。

<追記>自分はグラフギア1000が製図用でないとは思っていません。念のため。
グラギ1000に限らず製図用か否かはどうでもいいですけど。(2012.12/6)


ぺんてるの高級シャーペンといえばランスロットやエクスキャリバーのイメージなのですが。エクスキャリバーは消えてしまいましたし、話に出ないのは仕方ないのですかね。
posted by masati at 22:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | シャーペン雑談