2013年10月30日

[メモ] セロテープを隙間埋めに使うのはよくなかった

ガタガタするキャップ、すべるグリップ対策にセロテープを多用していたのですが。
1年物のセロテープ:テープの端に糊のあとが残る。こすれば落とせる程度。
3年物のセロテープ:糊が軸にうつってねちょねちょする。やばい。黄色い。

↓こんな感じでノリが残ってます。この2つはこすれば落ちる程度。
paste2.jpg
paste1.jpg

とりあえずメンディングテープに張り替え。
mendingtape.jpg
パッケージ裏の記述。
基材:アセテートフィルム
粘着剤:アクリル系粘着剤


セロテープのほうはどうだったかというと。
基材:セロハン
粘着剤:ゴム系
http://www.nichiban.co.jp/tocreate/mystery/detail01.html
ニチバンにもうすこし詳しく書かれていました。
粘着剤は天然ゴムと樹脂からできているようです。天然ゴムが劣化しやすいらしいですね。

そういえば1年放置しておいた天然ゴム製の指サックがちょっと溶けた上に、内部はねばねばで貼りつき、ひっぱると裂けるようになってました。

追記:
メンディングテープもあまりよくない。テープのはじがよくめくれる。
セロテープに比べて粘着力が弱くはがれやすいようだ。
posted by masati at 18:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | メモ