2013年11月17日

[メモ]

●手がしびれる感覚
紙面のでこぼこが手に伝わっている。
対策:
・質の良くない紙には書かない(現実的ではない)
・やわらかめラバーグリップつきシャーペンを使う。(振動がラバーグリップに吸収される)
・太い芯を使う。(芯の接地面が広くなりやすいため、紙面のでこぼこの影響を受けにくくなる)

紙の質が信用できないときはラバーグリップつきのシャーペンを使うのが一番手っ取り早い。
細身のシャーペンに、プニュグリップ(香りつきタイプ)で良い。
プニュグリップ標準タイプは、持ち方を変えるときなどにくぼみが邪魔になり使いにくい。

●キャップの震え
芯タンクがプラのせいで芯タンクが曲がって震えているのでは。
古い、芯タンクが金属のものではあまり震えない気がする。

●芯の濃さと湿度
湿度依存が大きい。冬場の乾燥した紙ではシュタインHB芯でも非常に濃く感じる。
これを知らなかったころは冬場に買った芯を濃い芯だと思っていた。

●疲れにくさ
シャーペンは筆圧が必要なので疲れやすい。疲れないように軽く書くと4B芯を使っても線が薄いと思う。
疲れにくさ重視ならボールペン(軽く書いてもインクがでるもの)、サインペン、万年筆の方がよいのでは。

一応、滑り止め力が高いグリップつきのシャーペンで、柔らかい芯で力を入れず書くと疲れにくい。
手持ちで一番滑り止め力が高かったのは、セロテープでゴミを取った後のプニュグリップ(リンゴのかおりのスパイラル型)
次点が、溝や段差つきのやわらかめシリコーングリップ(旧エルゴノミックス、スマッシュ、200円のスーパーグリップあたり)

●シャーペンの描線はテカテカすることについて
柔らかい芯で軽くかけばあまりテカテカしなくなる。鉛筆でも同じ。
しかし結局光の当たり方で見づらくなる。
シャーペンや鉛筆をやめるのが一番の対策。

テカテカ度
×(大):シャーペン、鉛筆、色鉛筆(油性)
△(中):油性ボールペン(テカるが、赤っぽく光るのでシャーペン、鉛筆よりは見やすい)
○:水性・ゲルボールペン、万年筆
手持ちのものでチェック。手元にないがサインペンもたぶん大丈夫

筆圧で紙の目を潰すと筆跡のテカテカ度が増す。
水性でない色鉛筆芯はワックスが多いのでテカテカ。
posted by masati at 23:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | メモ