2014年01月23日

[メモ] P20x系、STEINシャープ系の中身互換性 書きかけ

DSCF0251.jpg
・1〜8のシャーペンの間では中身の交換ができる。
・ただしhue系口金とグラフペンシル系口金は外周の太さが少し違うので、この2種の間で交換すると違和感があるかも。(交換しても使うことはできた)
以下の文は未整理で読みづらいので、写真だけ見るのがわかりやすいかもしれません。

※[ダイソー]表記がないものは、全てぺんてる製。ダイソー系は全て韓国製。(クリア四角軸は中国製版もあったかもしれない)
1 graniph x stein 芯径:0.3 0.5
2 きらり P209 芯径:0.9
3 STEIN 芯径:0.3 0.5
4 Hue 芯径:0.5?
5 Pixy 芯径:0.5?
※0.3もあったのかな?自分は0.5しか知らない。
6 [ダイソー]パステルカラーシャープペン 芯径:0.7
7 [ダイソー]クリア四角軸シャープペン 芯径:0.7 0.9
8 [ダイソー]ラバー付きシャープペン 芯径:0.7
※ダイソー系の芯径は、自分が確認したもののみ。
9 グラフペンシル 芯径:0.4 0.5 0.7 ※0.3のメカニカグラフは口金が少し異なるので口金交換不可
10 グラフ 芯径:0.3 0.4 0.5
※グラフペンシルとグラフの構造も異なる。

1.グラニフシュタインと、2.きらりは 芯径と色が違うだけで他は完全に同じ。
P203、P205、P207もこの2種の芯径・色違いの同じものらしい。(自分では未確認)

・クリップ
1、2、6〜9が同型でグラフペンシル型。リング部の内径調整は軸によって違うかもしれない。(特にグラフペンシル)
3〜5はSTEIN型クリップ。
STEIN系軸のほうが、クリップをはめる位置が高く手にあたりにくいのでクリップありで使うならSTEIN形軸のほうが良いかな。

ちなみにダイソーの韓国軍団はクリップの仕上げもぺんてるより雑。外して反対側から見ればわかりやすい。

・キャップ
1〜3、6〜8が同じP20x系キャップ。STEINはhue型に見えてキャップはP20x系。
4〜5(HueとPixy)が、Hue系のキノコ型キャップ。
キャップは頭の形が違うだけなので、キノコ型キャップをきらりP209にはめたりしても平気。
キノコ型のほうが頭の面積が広いのでノックしやすいと思う。

・内部構造
A.P20x型(1〜8)
B.グラフペンシル(9)
C.グラフ(10)
でそれぞれ違うため、この三種間では内部メカは交換できない。口金周りの構造は同じだがノック部付近の構造が違う。
9.グラフペンシルはノック部がねじを使った作りで、キャップをはめるだけのP209系と違う。
10.グラフは芯タンクに突起があって内部メカが外れないようになっている。

・ダイソーmechpencil
上記写真にはないが、ダイソーのmechpencilは互換性がありそうでない。P20x型と軸形状が異なる。
mechpencilの口金をぺんてる系で使う→OK
ぺんてる系の口金をmechpencilにはめる→不可
このせいで、mechpencilの軸筒+ぺんてるの内部機構で使うことができない。
mechpencilの軸筒にはmechpencilの出来がよろしくない口金しか合わないということ。

・ファンシー系シャープ
ファンシー系シャープでも、P20x型のものが出ている。韓国製で定価300円だったかな。芯の固定がいまいち。軸筒もP20xの面を減らしてコストダウンした感じ。
そんな物に300円払うならどう考えてもSTEINシャープ買い足したほうがいいので、自分はP20x型ファンシー系シャープの互換性は試さない。どうでもいい。

軸筒は作りが丁寧だから使いやすいってものでもないのが難しい。
たとえばHueの軸きれいだけどすごく滑るんだよ…正直軸筒だけならHueよりダイソーのラバー付きシャープペンのほうが使いやすい。
Hueはテープ貼ってなんとかしてる。シンプルな形でそういうことをしやすい。
ダイソーラバー付きシャープペンの内部機構や口金は質がよくないのでぺんてる製の中身で使ってる。
posted by masati at 22:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | メモ

2014年01月22日

[新製品] トンボモノグラフのカタログに突っ込み

注意:この記事は実物を知らずに書かれています。
知ったのは2ch文房具板のどこかのスレ経由。(どのスレかは忘れた)

トンボから、モノグラフというシャーペンが2014年3月に発売されるらしい。0.3あり。

モノグラフ、昔のと違ってクルトガみたいな見た目になったな…。と思ったが昔のはモノテックだった。
モノグラフはミリペンの名前だったかな、と思ったがそれはプログラフだった。

紹介ページがなかったので、ウェブカタログより画像を引用して貼っておきます。
以下の画像はトンボ総合カタログ62ページより。(ウェブカタログのページ番号60)
製品の特徴、外観、おおまかな材質などがわかります。
http://www.mediapress-net.com/cgi-bin/gmd/maker_catalog.cgi?vol_name=TMB11001&maker=TMB&cid=TombowCatalog2014-2015

monograph_main.jpg

monograph_vari.jpg

monograph_spec.jpg
↑0.3もあります。この画像は0.5のところから抜き出しました。

   <機構面>


・フレフレ+フレフレロック
・大き目の消しゴム
・芯径は0.3と0.5
・製図系4mm固定パイプ

これで350円ならテクトツーウェイライト買うならこれでいいや、となりそう。
先端の品質はゼブラより良いだろうし。

300円のシンプル系シャーペンに+50円でフレフレ系機能が盛られる、という見方もできるかも。
フレフレロックができる軸では最安?他のフレフレロックでぱっと思いつくのはデルフルとテクトツーウェイ系ぐらい。


・クリップノック
頭にマスコットがついているファンシーシャープでたまに見かけるノック方式。
売りのように書かれているが弱点になるかもしれない。
通常ノックより固くノックしにくい物が多いので利点がなく使いづらいと思う。


   <デザイン>


これクルトガスタンダードに似てないかい?グリップ部が透明プラになっているのと、微妙であまり役に立たなそうな凹凸が似てる。
ライムは色も似ているので特にそう感じる。
クルトガは機構が受けたのであって、外軸は特に評判もよくなかったしパクるだけ損だろう。

   <主張へのつっこみ>


>製図用に用いられる固定パイプ式で安定した精密な筆記感
製図用固定パイプなら精密だといわんばかりだが、製図用であることと精密さは無関係。
製図用でも残念な物もあるので、製図仕様がどうこうよりモノグラフの品質がどうなのかが問題。

0.5は良いだろうが、0.3はあまり期待していない。ぺんてるより悪く、パイロットSシリーズと同程度と予想。
まあぐらぐらのスライドパイプよりははるかに良いだろう。
持ち運びたい人にとってはどうなのかは知らない。

>「モノ消しゴム」搭載!
これほぼ嘘だよね。一般的にイメージされるモノ消しゴムとは材質の時点で違う。
モノ消しはPVC(ポリ塩化ビニル)の字消し。モノグラフは合成ゴムの消しゴム。
合成ゴムのMONO消しもあるという言い訳は苦しい。合成ゴム系はマイナーなので普通の人がモノ消しゴムと言われて思い浮かべる物とは違うだろう。

><軸>アクリル樹脂
>グリップ>ポリカーボネート樹脂

グリップの材質と軸の材質が違う。
透明プラ製なのにグリップ部と上軸を分割してる?それだと境目が割れるんじゃないか?ドクターグリップみたいに。
インサート成形なのかな。(ビクーニャ軸みたいなの)

最近のプラスチックは昔のと違って丈夫な可能性も考えたが、ろくに使ってないクルトガにヒビが入っているのを見るとそんなことないね。相変わらず脆い。

>重量17g
けっこう重い。重くてしっかりした作りというわけではなく、フレフレの重りが重いだけだろう。オプトみたいに。

カタログにこういう細かい点が書かれているのは素晴らしい。

   <思ったこと>


・けっこう売れそう。
・クリップノック固そう。
・クリップでかくて高さがあって邪魔そう。
・0.5は問題なく使えそう。0.3はぺんてるのまともな奴を持ってれば結局使わなそう。
・モノ消しゴム搭載と言われてもうれしくない。モノ消しゴムはそんなに消しやすくないと思ってるから。


この値段でこの仕様なら買う人もけっこういるだろうし、情報も出やすいと思う。
トンボ製品は店に並びやすく裸売りもありそうなので近所に店が豊富な人は自分で触ってみることもできるだろう。

予想では、そこそこ良い感じのシャーペンになりそう。
自分は買わないだろう。とても良いシャーペンを十分持っているしクリップ邪魔そうだし。
posted by masati at 03:34 | Comment(3) | TrackBack(0) | 新製品

2014年01月21日

[雑談] プラねじはなぜ駄目なのか

Knock_f_overview.jpg

こうなるから。ドクターグリップの真ん中にこのようなヒビが入った経験者も多いのでは。
Knock_f_crack1.jpg

ヒビ割れとは関係ありませんが、こういうペンタイプの消しゴムは消えにくかったですね。現行品はどうかわかりませんけど。

↓もう一つヒビ割れ発見。
Knock_f_crack2.jpg

<この消しゴムについて>
表記から、商品名がモノノックF、型番がEH-100KFというところでしょうか。
(軸にはMONO KNOCK-F TOMBO EH-100KF JAPANと書かれています)。
消しゴムの直径は実測4.9mmでした。Fと名乗る割に細くないです。

このタイプのトンボのリフィルは廃番らしいです。しかし公称直径5.0mmの三菱鉛筆イーノックのリフィル(ER-100PK、ER-100MK)が使えるかもしれません。レーダーノックの替えゴムのEH-KRも5mm径らしいですが、形状が違うのが微妙。※どちらも実際には試していません

ノックで消しゴムが出てくる仕組みは一般的なシャーペンと同じです。バネの位置がシャーペンとは違いますが、100円シャーペンの機構を大型化したような作り。モノノック3.8は2分割プラチャック、モノノックFのほうは4分割プラチャックでした。
posted by masati at 17:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | シャーペン雑談

2014年01月19日

[メモ] メジャー三大芯の印象(暫定)

3leads_topimg2.jpg
※この画像は本文とは無関係です。

濃さは芯以外で変わりすぎ
濃さは紙質と湿度の影響が大きすぎてあまりあてにならない。真冬の乾燥した紙では薄い芯でも濃くかける。
濃さは軸重量と重心の影響も大きい。

結局どれがいいのか? : 個人的にはこの三種ならどれでもいい。国産大手の芯はどれも高品質で優れている。
中国韓国シャーペンに入っているような、やわらかいのに薄く、折れやすい上にキュルキュル音がするような芯とは全く違う。

   ぺんてる シュタイン 0.5 HB

 ※主にグラニフシュタイン軸、シュタイン軸で使用。
・イメージは石。
・硬め。ややツルツル。
・減りにくい。
・筆圧に鈍感。筆圧をかけてもあまり芯が削れないし崩れない感触。
・ツルツルなので表面がざらざら目の紙のほうが書きやすい。
・描線がやや光を反射しやすい。(硬いから?) 
・描線の輪郭がシャープになりやすい。これは硬いからだろう。
・硬さ重視
・芯の見た目がちょっと白っぽくて全体が光る感じ。芯自体も光を反射しやすい?


   三菱鉛筆(Uni) ナノダイヤ0.7 HB

 ※この0.7の印象はOhto SP507Mに入れて使っている印象なので間違ってるかも。濃さと柔らかさが軸重量の影響で濃い方に補正がかかっていると思う。SP507Mは約21gで強く先端寄りの重心。
・イメージは砂。
・ザラザラ目。
・削れた面の光り方が鈍い。
・なめらかな紙に使うと適度なひっかかりがあって書きやすい。なめらかでない紙と合わせるとザラザラ芯×ザラザラ紙で摩擦過剰。
・丈夫さと濃さを両方追ったバランス型。だからといって普通の芯ではなく、摩擦感が独特。

   ナノダイヤ 0.5 HB?

 Shift 0.5に入っていたもの。
・0.7と同じ芯とは思えない。Shiftに入っていたのだからナノダイヤ芯だと思うのだが。
・感じることはシュタイン芯と似ている。シュタイン芯に比べて少しやわらかい。
・書いているとこの芯はSHU芯なのでは?という思いが強まってくる。以下の文章ではとりあえずナノダイヤということにしておく。

   パイロット グラファイトネオックス 0.5 HB?

 ※S3の限定不透明軸に入っていたもの。手元のEno HBとは違ったのでグラファイトと判断。
・イメージは粉。
・減りやすい。
・他二社よりやわらかい。筆圧に敏感。筆圧をかけるとかけただけ芯が削れる感じ。
・描線がこすれやすいかも。
・描線がやや光を反射しにくい。(やわらかいから?)
・他の二種に比べると描線がふとめになりやすく、輪郭がぼやけやすい。これは柔らかい芯の特徴。(2B芯あたりでもこうなる)

   三択で判別してみる

※判別は同色のノックペンシル3本にそれぞれ芯を入れて実験。
答え合わせはキャップの中に芯の種類を書いた紙を仕込んで行った。

<見た目判別>
白っぽい(ツヤ消し風の光り方):ナノダイヤ シュタイン
黒っぽい(普通の金属風の光り方):グラファイト

三択なら手持ちのグラファイトは見た目だけでわかる。百発百中。ナノダイヤとシュタインは見た目が似ていて判別しづらい。ナノダイヤのほうがシュタインよりさらに白っぽく光る。
グラファイトは芯の側面がなめらか。ナノダイヤとシュタインは芯の側面に、長手方向に走る筋が見える(竹の繊維のような感じ)
ただ、この違いは芯の製造時期が違っても同じかどうか微妙…。

↓真ん中の芯の光り方がグラファイト。
3leads_side.jpg

<描線判別>
グラファイトはやわらかく光を反射しにくい?
強い力で黒く塗りつぶしてテカりが少ないものがグラファイト芯。他社の濃い目の芯の性質に似ている。
他社のB芯と混ぜたら判別がつかなくなりそう。

↓塗りつぶし。グラファイトHBは他の2種よりはテカりが少ない。
3leads_glare.jpg

・塗り重ね判別
シュタインとナノダイヤは、筆圧をかけずに同じ秒数の間塗り重ねるとナノダイヤのほうが少し色が濃くなる。

・強筆圧判別
シュタインとナノダイヤで。思いっきり力を入れて線を引いたときに、少し線が濃い方がナノダイヤ


<音で判別>
・筆記音
ナノダイヤ(仮)は高速で書いているとシュルシュル、という音が出ることがある。それでシュタインと区別できそう。シュタイン芯の筆記音は特に癖がないと思う。

<筆記感>
シュタインとナノダイヤでは、ナノダイヤのほうが少しやわらかく濃い。
シュタインは角がなかなか丸まらずにゴリゴリすると感じることがある。

<判別方法を試した>
手元のグラファイトは芯の見た目(側面の光り方)で完全にわかってしまう。間違えるほうが無理。
問題は他の2つの判別。

塗り重ねでナノダイヤとシュタインを区別:10回中9回的中。ただ塗り重ねは疲れるのと、他の芯が混ざるとわからなくなる。

塗り重ねより、筆記感を比べるほうが自信を持って答えられた(10回中10回的中)。硬さの差がわかるまで書いて、やわらかいほうがナノダイヤ、硬いほうがシュタイン。角の硬さを感じたときがわかりやすい。
この方法も、他の芯が混ざるとわからなくなる。

筆記音で判断するのは無理だった。芯の減り方によって音が変わり、音が出ないことも多いため、勘で答えるのと変わらない正解率だった。



結論としては微妙な差なので三社どれでもいい。
質の差というより、0.5 HBのやわらかさが[柔]グラファイト>>ナノダイヤ>シュタイン[硬]、というだけな感触。
グラファイトが書きやすいというのは、グラファイトが優れているのではなく、まともな柔らかい芯ならなんでも書きやすいということでは。


   その他の芯


*ネオックスイーノHB(グラファイト芯のひとつ前のモデル)
芯の見た目はナノダイヤやシュタインと似ている。
静かなところで書くと少しキュッキュッと音がする。
たまにびっくりするぐらい描線がこすれてかすれている(こすれやすい)


*プラチナ初期芯(プロユース300,1000 0.5に入っていた物)
・薄い。

*オート初期芯 (CuteシャープとSP505P 0.5に入っていたもの)
・やわらかめ。
・店頭のOhtoシャーペンの中でよく折れているのを見かける。やや折れやすい疑惑。
 そういえば、Cuteシャープを買って家に帰るまでの徒歩2kmでも折れていた。(店頭で芯折れがないのを確認してから購入した)。
 これはスライドスリーブの影響もあるのかな。スライドスリーブ軸+やわらかめ芯のコンビを持ち歩くとすぐ芯が折れる気がする。


*感想
濃さには、気候、軸重量以外に紙質、グリップ硬さや先端の安定性、軸の硬さも影響する。
全体的な印象はさらに軸や紙の影響が大きい。
比較するなら同じ軸、同じ紙、同じ時、でやらないと無意味な気がしてきた。
posted by masati at 22:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | メモ

2014年01月11日

[雑談] なぜ人はロットリングの重さを間違えるのか

カタログが間違っているから。

※以下の画像はホルベイン・ロットリングカタログ20ページより(http://www.holbein.co.jp/catalog.html)

rotring_wrong.jpg

>ロットリング300 ●重さ:8g
>ロットリング500N ●重さ:9g
>ロットリング600 ●重さ:18g

ロットリング500Nの9gはありえないのは店で手に取っただけでわかりますね。ロットリング300と変わらない重さということになるので。
ロットリング600の18gは微妙ですが、これも間違ってるらしいですね。

実際に量った人によると以下の通りらしいです。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1394004123 より
rotring rapid PRO 24.3
rotring rotring500 13.2g
rotring rotring600 22.8g
rotring rotring800 24.7g

自分はロットリング系は持っていませんが、ぺんてる系やSシリーズのシャーペンを量ったところ結果がほぼ一致したのでたぶんこれで合ってます。

この重量間違いは何年か前に話題になった記憶があるのでそろそろ直ってるかな…と思ったら直っていませんでした。
店の表示も相変わらずな感じですね。

↓例(和気文具という店のサイトより)
■ロットリング500Nシャーペン
500Nシリーズは、メタルグリップを採用していて、重量感と質感が魅力の1本です!軽いペンは逆に使いにくい!という方は、コチラをオススメ。

重さ9グラム
いや、9gだったら軽いから…
posted by masati at 15:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | シャーペン雑談