2014年01月09日

[新製品] ぺんてるから0.2軸orenzが出るらしい

>超絶の細さ0.2のシャープペンシル!orenz(オレンズ)発売(ぺんてるニュースリリースより)
http://www.pentel.co.jp/news/2014/140108_01.html

    *思ったこと。


・よくこれ出す気になったなあ。ぺんてる面白いな。
・0.2芯が当分、普通に手にはいるのは良いことだろう。
・ぺんてるのスライドスリーブでしかも0.2。先端グラグラが目に見えるよう。自分には合わないだろう。
・ノートのきれいさと成績の良さは関係ないよな。
・中高生に人気は出ないだろう。物好きな人が試しに買うか画材として買うという人はけっこういるのかも。

    *記事へのつっこみ


以下、緑文字はぺんてるニュースリリースからの引用部分

>芯径0.2でありながら、不思議なほど芯が折れないシャープペンシルです
芯を出さずにパイプを擦りながら使うことで芯が折れないということらしいです。
たいていの人は普通にノックして使って、不思議なほど芯が折れることになりそうです。
説明書きを読まない人は多いのでね…。

>「芯を出さないで書く」という新しい使い方を可能にしました。
オートマチックシャープの書き方と同じですね。
これは従来のスライドスリーブシャーペンでもできなくもないのですが、書き心地が悪いですね。

>パイプ先端の摩擦を低減
これはどうやっているかちょっと興味あります。パイプの角を面取りして丸くしてあるだけなのではと思ってますが。
低価格のオートマチックシャープでは、つるつるのプラスチック(ポリアセタール?)をパイプに使って摩擦を減らしていますね。


    *グラフペンシルと似たようなものになるのでは


ところでorenz以前の0.2といえば廃番となったグラフペンシル0.2であり、orenzはその後継で廉価版なのではと思われます。
そう考えるとたぶん自分には合わないんだろうなと思います。
自分がグラフペンシル0.2を買わなかった理由は次の三つ。それをorenzも受け継いでいそうなので。

理由1.芯が高い 
 安くなっていますね。
 ハイポリマー0.2(12本 ¥315) -> シュタイン0.2(10本 ¥210)
 微妙。以前よりは安いけど高い。画材として考えるならありなのかな。
 細い芯はすぐ減るのもあって自分にはきつい値段。

理由2.先端ぐらぐら
 これが決定的だった。
 確かグラフペンシル0.2では、パイプと口金の間にも、芯とパイプの間にもちょっと隙間が空いていてぐらぐらしていました。
 隙間があるのは当たり前ですが、隙間が広過ぎた気が。この点がどうなっているか気になります。

理由3.店頭在庫の芯がどれもバキバキに折れていて欲しくなくなった
 芯がめっちゃ折れやすいぜ、と全力でアピールされた気分でした。でもわりとどうでもいい点。
 ブリスターパックで売ることで対策するのかな。

3.はどうでもよいとして、2.が変わっている気がしないのでたぶん買わないだろうな…。


発売日は2014年2月12日になったようです。(2014/01/16追記)
発売日は2014年1月27日らしいです。文房具の発売日は少年ジャンプなどと違ってけっこういいかげんな印象ですけどね。
スライドスリーブ周りを中心に、どんなものかは興味あるので発売されたら見にいってみようと思います。
posted by masati at 20:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新製品

2014年01月05日

[お店] コンビニのシャーペンは意外と高い

近場のコンビニで売られているシャーペンをチェックしてきました。
100円シャーペンに偏っているイメージでしたが200円以上の物も意外とありました。

※()内の数字はおおよその値段
店舗 シャーペン(芯径は0.5) 芯(芯径は0.5) 消しゴム
ファミリーマート1

・スーパーグリップノック(100)
・Opt(200)
・Dr.Grip Gspec(500)

グラファイトネオックスHB,B Wエアイン(100)
ファミリーマート2 ・スーパーグリップノック(100)
・Opt(200)
・無印フェアライン
・無印カラーフライト
・無印ミリノ
グラファイトネオックスHB,B Wエアイン(100)
セブンイレブン1 ・エナージェル(200)
・形が違うオレーヌ(200)
グラファイトネオックスHB MONO(100)
セブンイレブン2 ・オルノ(300)
・ステンレスシャープ(500)
グラファイトネオックスHB MONO(100)
セブンイレブン3 ・形が違うオレーヌ(200) グラファイトネオックスHB,B MONO(100)
サンクス1 ・スーパーグリップノック(100)
・エナージェル(200)
BlackAinHB,B ・MONO(100)
・MONO Smart
ローソン1 ・スーパーグリップノック(100)
・クルトガスタンダード(450)
ナノダイヤHB MONO(100)
ローソン2 ・スーパーグリップノック(100)
・クルトガスタンダード(450)
ナノダイヤHB,B MONO(100)


<全体的に>
・芯は0.5のみ。軸も0.5だけ。

・消しゴムはだいたいMONOの100円版。無難。

・鉛筆はだいたいトンボの物だった気がする。

・同じコンビニでも店によってけっこう品揃えが違う。売り場面積の問題?
 オートの鉛筆シャープもコンビニで見た記憶があるが、今回行った店の中にはなかった。

・地域によって品ぞろえが違うかもしれない。近所のコンビニで調べたので地域差は不明。

・ぺんてるシュタイン芯を扱っている店がなかったのが意外だった。どこかのコンビニで見た記憶があるが気のせいか。

<店舗別>
・ファミマはパイロットだらけだが無難なラインナップ。大き目の店舗では無印のシャーペンもあった。
 消しゴムでプラス・W AIR-INを置いているのが目立つ。
 コレトやフリクション系もでかでかと配置してあったりとやっぱりPilot度が高い。フリクションはどのコンビニでも大きく扱っていたので単に売れ線なだけかも。

・セブンイレブンでは、変な形のオレーヌとプライベートブランドのステンレスシャーペンが目をひいた。
 コンビニには100円シャーペンが置かれているイメージだったが、セブンイレブンには100円シャーペンがなかった。

・サンクスは一店舗しか見かけなかったのでよくわからず。
 ぺんてるBlackAin芯が売られているのは珍しかった。コンビニなのに150円ちょっとで売られていたので在庫処分の臭いが。

・ローソンは無難で特徴がなかった。コンビニの品ぞろえはこんなもんだよね。
posted by masati at 16:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 使ってみた

2014年01月04日

[お店] グラマーソフトの500円版がダイソーで100円に。

情報元は2chのシャーペンスレ。厳密には105円。

MSI500.jpg

実際に大き目のダイソーに行ってみたらありました。ボールペン(0.7)もありました。
200円版のグラマーソフトもあったような…。500円版が欲しいなら間違えないように気をつけてください。
ついでにオレーヌ200(MOL-200)もよくわからないボールペンとセットで100円で売られていました。

↓こんなパッケージでした。赤いほうはボールペン版。
MSI500_pack.jpg
MSI500_packura.jpg

↓グラマーソフト MSI-500の情報。(プラチナ万年筆公式サイト)
http://www.platinum-pen.co.jp/products/sharp/print_msi500.html

世界堂で買ったグラマーソフト500もあったので比べてみましたがダイソー版と完全に一致。
↓赤い方が普通の値段で買った物ですが中身は同じです。
MSI500_disasse.jpg
芯タンク部が外せそうで外せない。

以下、グラマーソフト500についての感想。

<感想>
ドクターグリップ改良版フレフレ抜き、といった雰囲気。
買った当時は頑丈さに期待していたせいでがっかりして放置していたが、頑丈さに目をつぶれば使いやすいと思えてきた。

グリップ頑張った系。滑りにくいのはいい。
しかしたまに軸がギシギシいってやばめ。まともなアルミ軸だったらよかったのに。力を入れて書きたい時は使いたくない。
書きやすさは…いいほうかな?芯の固定がきちんとしていて、グリップの感触と滑りにくさがいい。

100円で買えると考えれば素晴らしい。今できるだけ安くまともなシャーペンが欲しいならダイソーでこれを買うのが一番良いだろう。すぐ売り切れそうだけども。

○良い点
○滑りにくいグリップ
 ・厚みがあり、やわらかい。
 ・段差がついていて滑りにくい。
 ・極端な凹凸がついていないので持ちやすい。
 ・長さも4.7cmと長め。 ※100円シャーペンや100円ボールペンのラバーの多くは3.5cm程度。
 ・とてもホコリがつきやすい。これはしょうがない。ホコリがつきにくいラバーのほうがタチが悪い(ホコリがつきにくいのはツルツルカチカチのラバーなので)
 ・やわらかくギュッと持っても指が痛くならない。その代わりペン先を動かしづらく感じることがある。

○芯のぐらつきを感じない。
 スリーブは1.5mmほどの固定スリーブ。
 中国製によくある低品質なシャーペンだと固定スリーブでも容赦なくグラグラしますが、これは平気。

○キャップのガタガタが少なめ
 キャップ付近の芯タンクを太めにしつつ、キャップにもでっぱりをつけているおかげ?

×悪い点
×アルミボディー詐欺。
 グリップの土台が細めのプラ。ここがアルミでないのにアルミボディーアピールとはがっかりだ。
 構造はプラ軸シャーペンの上半分に薄いアルミ筒をかぶせた風。
 つまりは太い上に力があまりかからない上半分をアルミで包み、細い上に力がかかるグリップ部はプラ筒という残念な仕様。

×脆そう
 力を入れて握ると音がする。音はギシ、メキ、ベキ、ギギギあたり。強度不足を感じる。
 太いから頑丈だろうという期待は禁物。おそらくドクターグリップのように太い割に脆い。

×やわい。ラバーグリップ病
 グリップ部がプラ細軸なため、力を入れて書くと軸が曲がる感触がある。αゲルと同じような感触。
 グリップの厚みの分、土台を細くするという、ラバーグリップモデルにありがちなショボい作りのおかげ。
 やっぱり補強すべきなのはグリップ部だよなあ…。形状的に金属で作るのは手間がかかるのかもしれないが。
 下のほうを持てばこの欠点は気にならないと思われる。

・その他特徴
・クリップは外せない。クリップ部は軸がへこんでいる上にクリップ先端は見た目ほどには角ばっておらず、当たっても違和感が少ないように配慮はされていると思われる。
・グリップの内側に隙間がある。エアー入りクッションのような効果狙い?
・商品名を軸にデカデカと書きたがるモデルが多いなか、このグラマーソフトは控え目。
・先端パイプ長が1.5mm程。短い。(一般的な物は約3mm〜4mm長)
・重心は軸中央の銀リングの位置。わかりやすく、癖もない。

・その他メモ
・生産国:日本らしい。
ダイソーのパッケージにはMade in Japanとあるが、本体の軸にはIMPORTED BY PLATINUMとの表記があり国産じゃないアピールをしている。
実は中国製か、実質中国製でちょっとした組み立てだけ日本でやったパターンかのどちらかなのでは。部品は丁寧に作られていて中国的ではない。自社の中国工場?

ボールペン版はダイソーパッケージにMade in Chinaという記載がある。

・グリップ部のプラの直径:一番細い部分が約7.2mm。細軸シャーペン(だいたい直径8mm程度)より細い。
 ノックペンシル直径約7.4mm、プレスマン約8.2mm。三菱鉛筆9800は約7.2mm。
 グラマーソフトは見た目は太いが強度的には細軸だろう。やわな感触にも納得。

 同じくやわな印象をうける軸にS5がある。S5グリップ部プラ軸の一番細い部分の直径は約7.0mmだった。

・カラーバリエーション:5色。白、黒、シルバー、メタリックレッド、メタリックブルー。
・重量(実測、小数第2位四捨五入):
 全体 16.8g(芯二本入りで)
 口金 2.6g
 シリコーングリップ 3.2g
 キャップ 1.0g

・芯径:0.5のみ。
・初期芯:2本。薄め。
・グリップ:シリコーン
・口金、キャップ、クリップ:金属。
・チャック:真鍮三分割。中央の穴がずれておらず、まっすぐ芯を保持しているので加工も問題なさそう。
・消しゴム受け:底のない金属筒タイプ
・芯タンク:プラ
・軸:ほぼプラ。上半分(消しゴム側)が薄いアルミで覆われている
・クッション機能なし。
posted by masati at 23:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | お店