2014年04月10日

[メンテ] 厄介タイプの芯詰まりが直った

二年以上放置していた芯詰まりシャーペンが直ったメモ。
注:駄目元で無理やりいろいろやったら直っただけなので、運が悪いと止めを刺すことになると思います。
真似して壊れても知りません。


lead_eject_screw.jpg
昨日、こんな風に、グラフペンシルの針を限界まで突っ込んでグリグリしたら詰まっていた芯の欠片が落ちてきて直った。

*メモ
・直ったのは運がよかった。
・グラフペンシルの針が一番使いやすい。
・現行シャーペンの針:いろいろ。針なしが普通。パイロットSシリーズは芯径によらず0.3針のようだ。
 パイロット替え消しゴム付属の針の太い方:0.4〜用。
 昔の0.5シャーペンの太い針:0.5〜用が多い?
・コーリン金色芯は脆い。ただ芯が脆いおかげで芯が砕けて直ったんだと思う。
・このJIBシャープは芯が少し斜めに出ている。とりあえずSTEIN HB芯は折れなかった。現行芯のHBなら他の芯でも平気だろう。古い芯や4B芯を使うとやばそう。

*芯詰まりの位置
orenztumari.jpg
○の位置に詰まった芯は掃除針を入れれば簡単に取れる。
芯が取れない心配より、口金内のゴムが芯にくっついて落下し行方不明になる心配をしたほうがいいほど。
図の×の部分の、チャックとその奥にめちゃくちゃに詰まった芯詰まりが厄介。


↓これが厄介な芯詰まりを起こしていたシャーペン。コーリンJIBシャープ K-521。
lead_eject_overview.jpg
購入後、チャックに芯がいくつか詰まっているのに気づいた。
店頭では、先端に残っていた短い芯で書けたので気付かなかった。
とりあえず、古いシャーペンについていた太めの針でガシガシ突いて、チャックに詰まった芯は見える物は砕いて取り除いた。
それでも芯が出なかったのでお手上げ。
鉄線でも買ってくるしかないかな、と思いつつ放置して死蔵。
これが数年前の話。

冒頭の画像のように、駄目元で針をつっこんで乱暴にぐりぐりしていたら直った。
写真に写っている粉々の細かい芯は、針でガシガシ→ノックを繰り返して落ちてきた芯の欠片。

*芯掃除針
lead_eject_needle.jpg
グラフペンシルの針(写真手前)が、柄付きで、針も長く一番役立った。
柄があると持ちやすく、消しゴムに刺さったタイプと違って消しゴムが裂けないのが良い。
針の長さのおかげでチャックの奥の芯詰まりに届いたようだ。
針の太さ自体は0.3シャーペンにも入る細いもの。
乱暴に使ったせいで曲がったのか、芯タンクに戻すときにキィーッというひっかき音がするようになってしまった。

JIBシャープ付属の針(写真奥)は、0.5用の太い針なのは良かった。しかし、力をかけて使っているうちに土台の消しゴムが裂け、針が貫通したり外れたりして使いにくさがあった。
この針とぺんてる.5(S55型)の針で試したが、0.4パイプ(SP-504)には入らなかったので0.5〜用。

パイロット替え消しゴム付属の針は消しゴムに刺さっていないので、消しゴムが裂けることはない。
しかし今回は長さ不足でグラフペンシルの針があればいらなかった。
細い方が0.3のシャーペンにも入るもの。太い方は0.3には入らず0.4〜のシャーペンには入る。太い方といってもあまり太くない。

↓パイロット替え消しゴム付属の針。
lead_eject_pilot.jpg
あまり売られていないイメージだったが、ヨドバシドットコム(送料無料)にあるので楽に手に入る。
針目当てで買ったが、特別に使いやすいわけでもない。
消しゴムに刺さってる針よりは使いやすいか。グラフペンシルの針があるからいらなかったかな。

※パイロットでも、針がついていない替え消しゴムが多いことに注意。
掃除針付きなのは、以下の三種。
HERF-10(緑箱。主にドクターグリップシリーズ用。消しゴムホルダーは現行ドクグリと同じプラスチックタイプ)
HERFS-10(紫箱。主にエスシリーズ用。S3など)
HERFL-10(黄土色箱。持っていない。何用なのか知らない。検索したらジムノ・ロッキー用と出ていたが)


グラフ1000 0.5の針が何気に0.5径の針のようだ。
S5 0.9の針は0.3径の針だった。
posted by masati at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | メンテナンス