2015年02月21日

[雑談]ぺんてるP360の情報がブラジルサイトにあった

いつのまにか出ていたらしいP36x。かなり前に出ていたらしいです。
http://www.pentel.com.br/produtos/lapiseiras/p360
公式情報としてはブラジルのサイトにしか載っていないようですが。

・グリップはメタルとシリコーン。つまりエフスリー構造か
・4mmガイドパイプ
・色は黒青白紫桃
・芯径は0.3/0.5/0.7/0.9があるらしい

上記のブラジルサイトの画像とは少し違う、グラフ1000似の3段テーパータイプのほうが多く出回っているようです。

検索していたら分解写真があったので画像直リン。
http://img01.cp.aliimg.com/imgextra/i4/1122161748/T2exKZXy0XXXXXXXXX_!!1122161748.jpg
おなじみの構造でわかりやすいですね。見た目通り中身はP20x系。
外観はシュタインシャープとグラフ1000を足して2で割ったようです。

日本でも分度器ドットコムで売られているようですが、現在の実売価格(送料込で1000円弱)を考えるとまあ…スマッシュやグラフ1000で良くない?となります。
P20x系はキャップの周りの隙間のせいで少しカチャカチャ言うので(9割以上のシャーペンはそんなもんですが)、買ったまま使うならスマッシュやグラフ1000のほうがいいでしょう。

昔は震えるキャップもテープで隙間を埋めればいいと思っていたし、実際テープを貼っていますが、経年劣化で糊がべとべとになったりこびりついたりするし、テープ貼りも地味に面倒なので最初からきっちりしているに越したことはないですね。

(※分解画像の元ページはhttp://www.aliexpress.com/item/Pencils-pentel-p365-metal-mechanical-pencil-0-5-pencil/1719085944.html。中国の業者から物を買えるサイトらしい)
posted by masati at 02:02| Comment(0) | TrackBack(0) | シャーペン雑談