2016年03月28日

[雑談] シャーペン売り場の雰囲気(2016年春)

PC新調などいろいろあってサイトから遠ざかっていました。
まあそんなことはどうでもいいのでシャーペンの話をします。

*クルトガと折れないコンビの時代

シャーペン売り場は変化がないようで変化しています。
2年ほど前はクルトガとドクターグリップがすべてのような売り場もありましたが、
今はだいたいクルトガ、デルガード、オレンズが目立ってますね。モノグラフもわりとみかけます。

ドクターグリップが少し目立たなくなったかな。

以前はクルトガとドクターグリップの二頭政治といった感じでしたね。

ギミックなしのシャーペンも頑張ってます。
新しめのギミックつきシャーペンが目立つからといって選択肢がないわけでもなく、ちょっと品揃えのいい店なら、S3、シュタイン、タフ、グラフギア500、カラーフライトといった定番品のうち数種類が売られています。

個人的にはシュタインシャープがちゃんと生き残っているのがうれしいです。

店頭で気になったシャーペンはぺんてるのビクーニャシャープ(2000円版)。
金属軸に金属パーツ(たぶん)、3mm針状固定パイプ、クリップ位置も高めで、しっかり作ってありそうだという印象でした。
持つ際の滑り止めが何もないのでこれは滑るやつだとも思いましたが。

自分の好きな系統のシャーペン(ギミックのないシンプルなシャーペン)は新製品がほとんどないようですが、
従来の製品でほぼ完成してるのでまあいいかなという感想です。

注目の新製品はOhtoのConception。
↓Ohto公式サイトの情報画像
http://www.ohto.co.jp/images/new_products/2016/pen/SP-1500C.jpg
これもギミック系ですがスーパープロメカとcuteシャープあたりを融合させて未踏の地に踏み出してしまったような、外見はきれいだけど中身はまともじゃないワクワク感があります。
posted by masati at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | シャーペン雑談