2017年08月29日

[メモ]Redcircle300とRotring300は同じ物?

結論:ニセモノ。

Aliexpressを眺めているとrotring600そっくりのシャーペンを見かけました。
その名もRedcircle600。箱までそっくり。

画像:Aliexpressより https://www.aliexpress.com/item/0-5-mm-0-7-mm-09-1-0-mm-2-0-mm-redcircle-600-Metal/32783901520.html
_fromali_redcircle.png

ちょっと本物かもしれないと思ったのですがただのニセモノでした。
自分では買ってません。

ニセモノとわかるまで

贋物かな…?でもロットリングが別名で出してる可能性もゼロではないかな…と検索してみる。

Redcircle300を実際に買った人のブログがひっかかった。
・Taking note : Rotring 300 versus Redcircle 300 (MK氏)
http://takingnotenow.blogspot.jp/2014/02/rotring-300-versus-redcircle-300.html

Redcircle 600でなく300についての記事ですが、違いが詳しくかかれています。
面白かったのでメモ。

===以下MK氏による比較と意見の要約です===
・軸とキャップは完全に同一に見える。実際、同じものだと思う。
・『赤輪部分』は異なる。Redcircle300の硬度表示は不良品だった。
・Redcircle300はrotring300の検品落ち品を流用しているのではないか?

・内部機構は見た目からして違う。
 Redcircle300はプラだが、rotring300は一部に金属を使っている。
 消しゴム:Redcircle300には消しゴム用スペースがなく、rotring300は消しゴムあり。
 
・先端も違う。
 Redcircle300は先端収納、rotring300は製図系の4mm固定スリーブ。

・Redcircle300は3本セットで5.99〜9.99USD、rotring300は約10USD(ebayで日本の売り手から買うと6.99USD)

・結局は本物を買ったほうがいい。
 (私はRedcircle300の先端収納が好きではあるが)

===MK氏による比較と意見ここまで===

コメント欄ではRedcircle600に関するやりとりもありました。

===以下コメント欄より===
・Slotracer『Redcircleは600のパチモノも出してるよ。rotring600は持ってるけどredcircleを買ってみた。rotringじゃないけど悪くはない。でも2つ問題があって、硬度表示リングがゆるゆるで全然止まらないし、芯がバネっぽいんだ(好む人もいるかもしれないし、自分も慣れてきた)。職場で使ってるけど、無くしたり"借りられ"たりしてもrotringほど悲しくはないね。』
・MK『私も600買ったよ。君と同じ気持ちになれたよ。私のは硬度表示部が完全に固まってるようだった。』
===以上コメント欄より===

芯がバネっぽいというのは、ノック時に芯がびょんと出る現象か、筆記時にちょっと芯がひっこむ現象のどちらかかな?後者っぽいかな。

3本のRedcircle体験談が出ていますが、3本とも硬度表示部に欠陥があったようですね…。

先端収納が気に入ったと書かれていますが、クオリティは大丈夫なんですかね。
中華シャーペンといえば百均ですが、百均のノーブランドのスライドスリーブはぐらつきが大きいです。

それからロットリング300は国外だと高いんですね。
MK氏がどこ住みかは存じ上げませんが。

日本はシャーペン(&ボールペン)においてはとてつもなく恵まれた環境ですね。
優良製品を送り出すスター級日本企業が揃っていますし、非日本企業でもロットリングやステッドラーの高めのラインは日本製ですからね。

まあ貴重な先人の体験談を読む限り、Redcircle買うならRotring買うべきですね。
posted by masati at 15:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | メモ

2017年08月27日

[雑談]100均でシャーペンを買ってはいけないのか

結論から言うと外れを引きたくないなら買わない方がいいです。
ノーブランド中国製が地雷原すぎて目利き力が求められます。

100均でシャーペンを買う人はできるだけ安く上げたいという人が多いかと思いますが、クソシャーペンを掴んで結局高くつきますよ。

100均で地雷を踏まない知識がある人は既に手元にシャーペンが余っているような人だと思います(結局お金を節約できてない)。

説明のために100均のシャーペンを4タイプにわけてみました。
1.ノーブランド(主に中国製)の粗悪品と2.日本企業の定価100円シャーペンしか百均にはないと考えればだいたい合ってます。

1.ノーブランド(主に中国製)の粗悪品
 体感でダイソーシャーペンの8割を占めるのがこいつら。

 そんなにクソなはずがないと思ってダイソーでシャーペンを買うと先端収納がぐらぐらで投げ捨てたくなる物を掴むことでしょう。
 芯径が太くて(0.7以上)、先端固定式のものなら荒が目立ちにくいのでまだましなものに当たる可能性が高くなります。

 これらの販売元は百均ショップ名(ダイソーなど)だったり無名会社(レモンなど)だったりしますが、だいたい激安中国製ノーブランド品を右から左へ流してるだけです。
 aliexpressなどを覗くと百均商品と同じものがあったりします。

 初期芯の質が最悪だったり、内部のバネが曲がっていたり、ゴムが灯油臭かったり、金属ネジを回すとキーキーうるさかったりと、使えてもどこか不安になるシャーペンが多いのもノーブランドの特徴。

 既に使いやすいまともなシャーペンを持っていて、なおかつ粗悪品シャーペンを掴んでしまっても面白がれる人向けです。

 シャーペンにはこだわらない、普通に使えれば何でもいい、という人は逆に買わない方がいいです。
 筆記時のストレスの原因が粗悪なシャーペンだということに気付かず、ストレスを溜めながら使い続けてしまうかもしれないからです。

2.日本企業の定価100円シャーペン
 ダイソー以外(CanDoやセリアなど)の主力はこれかな。

 Uni(三菱鉛筆)、ぺんてる、ゼブラ、パイロット、トンボ、コクヨ、プラチナといったおなじみの日本企業の定価100円のシャーペン。

 定価100円のシャーペンなのでよそで買った方が安いし選択肢も多いです。
 まともなシャーペンではあるのですが100均で買う利点がありません。

 まあ大半が普通でまともなシャーペンなので買って困ったり後悔することもまずないでしょうが、
 興味ない人は地雷混じりの百均より商品のほとんどが日本企業シャーペンのホームセンターや事務系量販店や文具屋のほうが安全だと思います。
 
 他で売られていなかったりマイナーな100円シャーペンも稀にあるので、その判断ができて欲しいものがあるなら買ってもいいかも。
 他で売られていない日本企業の100円シャーペンは、プラチナpolyter(0.3、0.9)ぐらいかな。
 コクヨのWillや昔売ってたぺんてるの100円サイドノックも100均以外であまり見かけなかったかも。

3.中国ノーブランドなのに良いもの
 まずないです。
 
 百均ノーブランドシャーペンで、今までで買ってよかったと思ったのは、金属製2.0mmシャーペンと、六角軸アルミシャーペン0.5ぐらいかな…

4.日本企業の在庫処分
 定価200円〜500円ぐらいのシャーペンが稀に処分セール的に売られています。
 定価が高いものは作りがしっかりしていて良いものが多いです。
 でもあまり遭遇しないです。
 昔のダイソーには多かったらしいですが最近は全然ないです。

 俺が買えたのはプラチナの手帳用2種とソフトグラマー(500円版)ぐらいですね。

※2017 9/18 少し加筆
posted by masati at 22:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | お店

2017年08月26日

[雑談]ナノダイヤカラーミックス芯が開封前に折れて萎えた

_nanod_colorlead.png

自分の不注意のせいですが。
200mlの液体と一緒に袋に入れた状態で、およそ1mの高さから固い地面に落っことしてしまいました。

なんだか萎えたのでナノダイヤcolormixと色鉛筆の比較でもしようかと思っていましたが今日はやめておきます。

裸売りの製図系シャーペンを買っていた時はプチプチエアークッションとセロテープで保護したりしていたんですけどね。
油断したときに事故は起きるものですね。

   2本しか入っていない芯は?


ところで7色20本入りということは、一色だけ2本しか入っていない色があるはずです。

それがどの色か調べようとしたら想定外の事態が。
色の差が微妙すぎてわかりません。

青とラベンダーが合わせて5本しかないので、どちらかが2本しかない色になりますが。
↓真ん中のが青かラベンダーかわからないんですよね。
_nanod_colorlead_bare.png

やけくそで彩度を上げまくるとなんとか判別できました。
ラベンダーが2本しかありませんね。
_nanod_colorlead_bare2.png

   芯色の表記を見ると8色ある…?


_nanod_colorlead_pack.png
ケースの裏を見ると8色入っているように読めるんだけど…大丈夫かこれ。
実際には右上の黄色が入ってません。

袋はちゃんと7色表記だから袋つき販売の店は問題なさそうだけど、世界堂あたりでは裸ケース売りだったような。
posted by masati at 19:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | シャーペン雑談

2017年08月25日

ダイソー六角アルミボディシャーペンがすごい

記事作成中です

一か月近く前に買って、わりと使ってみています。

ストレート、六角形、細身アルミ軸
3mm針型パイプ、固定スリーブ

アルミ軸には梨地風加工がされていて、ツルツル軸よりは滑らない。
滑りにくいというほどでもない。

*気に入った点
・継ぎ目のないアルミ軸 シンプル
・3mm針型固定スリーブで、芯がぐらぐらすることもない
・クリップもそんなに邪魔にならない位置&形状
 ※外せない

*欠点
・キャップ周りの隙間が大きく、激しくカチャカチャ言う。
 キャップを外せないため、テープで隙間を埋めるいつもの方法も使いにくい。
 (外し方がわからない)
 私は無理やりテープ差し込んで埋めましたが…。
 
*気になる点など
・たまに口金のねじが緩んでいることがある
・冬は他のシャーペンを使うだろう。
 おそらく滑る上に冷たい。今は夏だから問題ないが

*その他メモ

・材質(目視で判断)
軸:アルミ
キャップ:アルミ
キャップ受け部:鉄(ステンレス?)
クリップ:鉄
芯チャック:真鍮
口金:真鍮+何かのメッキ(クロームメッキ?)

チャック〜バネ周りにプラスチックの筒が使われている
芯タンクは見えないが、プラスチックだろう
(メカはプラ芯タンクの後端にキャップ受けパーツ、先端にチャック+バネパーツをくっつけた構成だと予想)

※パッケージ裏表記の材質はアルミニウム、黒鉛のみ

・実測値
全長:15.5cm(155mm)
重量:9.55g

・価格
108円
posted by masati at 08:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 使ってみた

2017年08月22日

【他】プレピー万年筆が値上がりするらしい

プラチナ万年筆社のプレピー万年筆がリニューアル値上げするようです。

_preppy.jpg

シャーペンと無関係で申し訳ない。
※シャーペンにもpreppyの名を冠するモデルがいくつかありますが、今回の記事には登場しません。

でも、シャーペンで軽く下描きして、万年筆をつけペン替わりにする人もいると思うので完全に無縁ではないかも。
(私もやったことがあります)

知らずに悲しい思いをする人が減るかもしれないので記事にしました。


◆ヨドバシならギリギリ間に合うかも。送料無料

ヨドバシドットコムならまだ旧版の在庫があるようです。

ただし、中字(0.5)は黒とブルーブラックしか残っていません。
細字(0.3)と極細(0.2)は全色残っていました。

↓ヨドバシドットコムのプレピー 万年筆での検索結果
http://www.yodobashi.com/?word=%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%94%E3%83%BC+%E4%B8%87%E5%B9%B4%E7%AD%86
旧版を買うなら今のうちですね。
※万年筆ではない、プレピーマーカーやプレピーマーキングペンという紛らわしいやつらも検索にひっかかるので気を付けてください。

◆amazonはもうだめ

amazonも覗いてみましたがもう旧プレピーの在庫はほとんどないようです。
なのでamazonリンクは貼りません。
無意味だし。



◆ソースはプラチナ公式

プラチナ万年筆社の公式ニュースリリース
http://www.platinum-pen.co.jp/press_290703.html
2か月前に発表してたんですね。全然知りませんでした。

今のところ、新型も旧型も製品情報ページに載っています。
しかし、リニューアルと発表されているので、定価200円(0.2は300円)の旧版は在庫がなくなったら消えてしまうでしょう。

新型は色付き軸なので、価格差は気にしなくても旧型を好む人もいるでしょうね。
posted by masati at 18:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他