2017年08月22日

【特価】ゼブラ テクトツーウェイ0.5がamazonで50%OFF



ゼブラ シャープペン テクトツゥーウェイ 0.5 赤 MA41-R

ゼブラ シャープペン テクトツゥーウェイ 0.5 赤 MA41-R

  • ZEBRA(ゼブラ)
  • 参考価格¥ 1,080
    価格¥ 538(2017/08/22 00:08時点)
  • 商品ランキング13,766位
カスタマーレビューを見る

※価格は記事投稿時のものです。特価情報なのですぐ値上がりする可能性があります。

少し前からゼブラテクトツーウェイ0.5がamazon.co.jpで全色50%OFFになっています。(0.5のみ)

テクトツーウェイライトは安くなってないので気をつけてください。
私も間違えそうになります。

部品供給の姿勢が素晴らしい
テクトツーウェイシリーズは交換部品が安価で買えるのがいいですね。
参考:http://www.zebraservice.jp/products/list.php?category_id=133

特に先金販売があるのが安心できます。
重めの軸の針型4mmスリーブは曲がるのが怖いので。
(テクトツーウェイはかなり重い)

他のシャーペンも問い合わせれば部品を買えることが多いようですがハードルが高いので、こういう部品販売アピールはありがたいです。
もっと流行ってほしい。

ぺんてるグラフ(金属製のやつ)0.5の先端パイプが曲がったから捨てたという人のブログを読んだことがあり、もったいないことをするなあと悲しくなったのをふと思い出しました。

それはさておき、テクトツーウェイ(非ライト)がライトと大差ない値段で売ってるのはすごいですね。
今は普通の値段で買った人が悔しがるようなお買い得タイミングだと思います。
posted by masati at 00:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 特価品

2017年08月20日

[雑談] Amazon.comの一番人気はBICの24本入りシャーペンだった

日本のAmazonではぺんてる smashが人気ですが、Amazon.comではどんなシャーペンが人気なのかとふと気になりました。

↓ランキングページがこれで、(https://www.amazon.com/gp/bestsellers/office-products/1069816/
amazoncom_mp_bestseller.png

↓1位の商品がこれ。(https://www.amazon.com/BIC-Xtra-Sparkle-Mechanical-Pencil-24-Count/dp/B0007L1VLO/
amazoncom_mp_no1.png
※スクリーンショットはAmazon.comより

うーむ、むちゃくちゃ激安。
24本入りで3.77ドルとか3.9ドルなのはすごいですね。
鉛筆より安いよ。

コメントを軽く読んでみました。
『2、3時間で壊れるウォルマートブランドのシャーペンと同じだろ、と思っていたが、ちゃんと長持ちする』
BICすごいというよりウォルマートひどすぎだろ…。

『学校では、シャーペンはいつもすぐなくなるし、貸すと二度と返ってこなかったりする』
これは完全に納得。
正直自分も、学校にもっていくのは安いシャーペンでいいと思ってます。

『私の子供にとっては、伝統的な鉛筆はカッコよくないようだ』
あるある。

それから、
『芯が折れにくいのが良い』というコメや『芯は交換できますか?』という質問もありました。
芯が入れ替えできないタイプの使い捨てシャーペンや、内蔵芯がポキポキ折れる粗悪品が流行ってそうですね。

2位も激安系。
papermateの12本入り2.51ドル。


Amazonのランキングは実際の人気を反映しているとは思いませんが、ランキングを眺めてみるのも面白いですね。
※Amazonで買うものは、近所であまり売られていないものが多いと思います。
『近所で売ってないからアマゾンで買ってる』というコメもありました。

10位付近からは、日本企業のシャーペンもかなりランクインしています。
日本でも馴染み深いシャーペンで一番高ランクなのは9位のぺんてるTwist erase III(日本のTuff)ですね。

以下、11位:グラフギア1000、12位:クルトガローレットモデル、15位:グラフギア500、16位:クルトガスタンダード、19位:P205(pentel)となっていました。
posted by masati at 16:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | シャーペン雑談

2017年08月19日

bb753さんのビクーニャEX2シャープへのコメントを読まないのはもったいない

タイトルの通り。
サイトを放置している間にこれほどまでに情報の詰まったコメントが寄せられているとは不覚でした。

昔の記事へのコメントで目立たないのはあまりに惜しいので、
せめてもうすこし目立つようにここに転載しておこうと思いました。

※ぺんてる公式のビクーニャEX2シャープの情報:
http://www.pentel.co.jp/products/automaticpencils/vicunaexs/
重めの金属軸のシャーペンです。

以下、bb753さんのコメントの転載です。


初めてコメントさせていただきます。
ビクーニャEX2シャープですが、ノック音が気に入って購入したものの、実際に使ってみるといろいろ残念なところが見えてきます。同じぺんてるでもランスロット2シャープと比較するとだいぶ完成度が落ちるといった印象です。

1.私の買ったのは外れの個体なのか、芯送りがぺんてるらしからぬアバウトさです。芯が均等に送られないことがあり、10回ノックで8〜9mm繰り出されます。芯押さえのゴムでもずれているのかと思いましたがずれていない。芯を戻すときも悪い意味で抵抗なくすっと戻ります。
2.ノックボタンの頭がほぼ球形で滑って押しにくい。ノックの重さも相俟って親指が痛くなります。
3.システム手帳のペンホルダーに収めるとき、クリップが抵抗なくスッと縫製部分まで乗り越えてくれるのはビクーニャEX1多機能と共通する美点です。

内部構造です。

1.先金を緩めると胴軸だけが分離して先金〜芯ホルダー〜ノックボタンまで一体で外れます。ランスロット2とは互換性皆無。
2.先金の下の白い樹脂パーツを押さえて先金を回すと先金が分離できます。芯ホルダー部は150円ビクーニャシャープ同様の透明樹脂(径は太い)で、値段の割には安っぽいです。さすがにチャックは金属でした。
posted by masati at 21:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | シャーペン雑談

2017年08月18日

いつの間にかスマッシュグレーブルーが復活してた




スマッシュグレーブルー。
amazonで普通に定価の1割引きぐらいで売ってます。

※現時点(2017年8月18日)の販売価格は958円ですが、amazon価格は人の気持ち並にころころかわります。この記事を書き終わるまでに値段が変わっている可能性すらあります。

相当前(1年ぐらい前?)から売られているようですね。
在庫切れで高騰したりしつつ。

さて、スマッシュはどのようなシャーペンなのか。
客観的に見てとても優れたシャーペンです。

スマッシュの素晴らしいところ
個人的に優れていると思う点は以下。
・芯の繰り出しやぐらつきなど全く問題なし。

・グリップのラバー部分が細かく粒高なので指がかかりやすく持ちやすい。(グラフ1000と使い比べてみるとよくわかります)

・キャップがカタカタ言わない。震えない。

・クリップのサイズが控えめかつ位置が上よりで、つけっぱなしでも邪魔にならない。
 ※それでもクリップがないほうがいいなら簡単に外せる
 
・グリップのラバー部分はシリコーン素材なので、ラバー系のわりに耐久性も悪くはない
 ※さすがに金属の耐久性には劣りますが

書こうと思えばさらに書けますが、長すぎて読みたくなくなるので腹八分目でやめておきます。

こんな人には合わないだろう
・製図用定番の、収納できず、長い針のような先端パイプが苦手な人にはおすすめできません。

・金属軸が大好きな人にも合わないでしょう。(スマッシュの軸はグリップ部以外はプラスチックです)

・ラバー(ゴム)系グリップの触感が嫌いな人にも良くないですね。

スマッシュは製図用シャーペンの定番グラフ1000をベースに、新しいシャーペンを作ってみようという社内企画でできたものだとどこかで読んだことがあります。

私はぺんてる社員ではないのでそれが事実かどうかは知りませんが、細身で、4mm先端パイプで、書く以外の機能は何もないという製図用の系譜なのは確かです。

あ、製図用にありがちな、金属のギザギザなグリップではなく、凹凸のない金属の土台からラバーのつぶつぶが飛び出た形の手に優しいグリップなのでその点は万人向けです。

色が違っても物は同じ
さて、今までの話は軸色に全く関係ないことです。
黒色のほうが好きだとか、少しでも安く買いたいという人はレギュラーカラーの黒のほうがいいでしょう。
黒軸は今なら3割引ぐらいで売ってますし。

そうでなく、このブルーグレーが良い人はきちんとした値段で買える今のうちに買っておくのがいいと思います。

なぜでしょうか?

ぺんてるのサイトやカタログに情報は載ってないし、amazonでは限定色表記。
このことから、いつのまにか販売終了になる可能性は高めです。
レギュラー品になればいいんですけどね。

販売終了すると急に欲しがる人や転売屋が沸いてきて急激に需要供給バランスが崩れてボッタクリ価格になるのが常なので、メーカーからの正当な価格での流通があるうちに買うのが一番良いです。




posted by masati at 11:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | シャーペン雑談

2017年08月16日

[雑談] ビックカメラ.comでオレンズネロ0.2が在庫ありになってる

いまだに品薄なオレンズネロですが、ビックカメラの通販で在庫が出てますね。0.2のみ。
↓ビックカメラ商品ページリンク
http://www.biccamera.com/bc/item/3640519/

税込み3,002円+300ポイント。送料無料。
ビックカメラのランキングを見たらシャーペン部門で一位になってました。

ところで個人的にはオレンズネロの品薄は転売厨のせいだと思ってるので、待っていれば簡単に買えるようになると予想しています。

既にamazonマケプレやヤフオクの転売orenz neroはだいぶ値下がりして4000円前後が相場のようですし。
もうすこしで転売ターゲットから外れ、パイロットのオートマックのようなポジションで普通に売られるでしょう。

そもそもオレンズネロを使いたい人がそんなにいるのかも疑問なんだよね…
製品にケチをつけているわけではありません。

『シャーペンよくわからないしみんなが使ってるのを使えば無難かな』
『ちゃんと書ければなんでもいいよ。』
『見た目がかわいいのがいい!』
『学生じゃなくなったらシャーペン使わないな』

というような、世界の99%以上はそんなオレンズネロと無縁の人達で出来ていると思うので。

需要のほとんどが転売需要なのでは?とすら疑ってしまいます。
posted by masati at 10:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | シャーペン雑談