2015年02月16日

[雑談] ぺんてるカタログ、グラフ600とセルフィット廃番へ。ゴムデールクリックも消えていた。

シャーペン浦島太郎です。
1年近くシャーペン情報から遠ざかっていたので、とりあえず各社のウェブサイトをチェックしてみようかなと。
まずぺんてるから。
HDDに残っていた2011-2012(有効期限2013年1月)のぺんてるカタログと現行の2015-2016ぺんてるカタログを見比べ。
※ぺんてるウェブカタログ→http://pentel.imagestore.jp/catalog2015-16/#page=1

タイトル通り、ゴムデールクリックが廃番になっていました。
ネット販売でどこも在庫がないところをみると、自分が知らなかっただけでだいぶ前に廃番になったのでしょう。
サイドノックは作りが同等のノーマルノックのシャーペンに比べて100円程高くなる傾向があるので、同価格帯で並べたときにつらいのかな。
あとshakeも消えてますね。

逆にこの4年で増えたのは、エナージェルXシャープ(2011年)、シュタイン(2012年)、グラフ1000CS(2012年)、きらり(2013年)、オレンズ(2014年)ですね。
エナージェルXシャープは知らなかったのですが、100円シャーペンらしいです。

ぺんてるのシャーペンラインナップは安定していますね。
グラフ600、グラフペンシル0.5、きらりなど地味だったりニッチだったりしますが消えるには惜しいシャーペンもちゃんと残っています。

正直セルフィットは危ないと思っていたんですが、ドクターグリップ対抗ポジションのシャーペンを残したいのかな。
それか意外と人気あるのか。
(個人的にはグリップのぐにゃぐにゃ感になじめませんでした)



安定してませんでした。
限定商品となっているのを見落としていました。
グラフ600とセルフィットは限定商品になっています。
つまり在庫限りで終了のようです。
※2015 2/18追記


グラフペンシル0.5は消えそうで踏みとどまってますね。
グラフレットも地味に危ない気がします。根強いファンはいると思いますがグラフギア500の影に隠れて目立たないんですよね。

次に消えそうなのはビクーニャシャープかな…。
ビクーニャボールペンと共通のガワを使った固定スリーブ軸ですが、微妙な価格(150円)が災いしたのかあまり売っているところを見かけないんですよね。
売っていても、大量のビクーニャボールペンにまぎれているパターンが多くてシャーペンであると気付きにくいです。

個人的にビクーニャシャープは以前はとても気にいっていたのですが、芯戻り止めゴムがちょっと緩いのかパイプのせいか、ぺんてる製固定スリーブのわりに芯が左右にぴくりともずれない感触がないので惜しい感じ。
 
並び順は人気順というわけではなさそう。一例として並びがグラフ600>グラフギア500だけどもグラフ600よりグラフギア500のほうが絶対売れてるでしょ。

カタログの並びは以前はボールペン>シャーペンの順だったのですが、ボールペン>カスタマイズペン>シャーペンの順になっていました。
力を入れている商品を目立つ位置に持ってくるのはよくあることなので、ボールペンを主力に、カスタマイズペン(アイプラスかな)を成長させていきたいということでしょうか。
posted by masati at 19:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | シャーペン雑談
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/113804674
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック