2015年02月18日

[雑談] OHTOのシャーペン減りすぎ!?

久しぶりにオートのウェブサイトを見たら一般シャーペンのラインナップがえらく減ってますね。

自分が気付いた、消えたシャーペン。
・アクアリーシャープ(150円)
 手帳用に近いミニサイズ、アルミ軸に透明プラのグリップのかわいいシャーペン。
 価格のわりに見た目は良かったです。
 しかし、これは買ってないけどスライドスリーブで先端ぐらぐらだった記憶が。
 ボールペンのほうもノック式でペン先周りの隙間が多くてとても使い心地が悪そうでした。


・キュートシャープ(350円)
 通常タイプとオートマチックタイプがあったのですが両方消えてます。
 
 通常タイプは持ってますがぐらつきが大きいスライドスリーブだったのですぐ使わなくなりました。
 300円のシンプル製図系シャーペンのアルミ版のようですごい好みだったのに。
 クリップも外せます。
 これがまともな固定スリーブだったらなあ。
 
 ぺんてるのP20x系の口金とネジが合うので口金ははまるのですが、チャック部分の構造が違うので結局使えません。(ノックしても芯が出ない)

 それと、ガイドパイプ部を接着剤で固定してもガイドパイプの穴のサイズが大きくて芯がちょっとぐらぐらしてました。
 金属に合わない接着剤だったのですぐはがれたし…。

 本当に先端パイプ以外は好みだったのでいろいろ試したんですよ。駄目でした。

 
・カラーヘックス(500円)
 六角軸。カラーフライトが金属軸になったイメージが見た目は近いかも。見た目だけね。
 これもだめだめぐらぐらスライドスリーブなのですぐ使わなくなりました。
 本当に軸は好みなんですが。

 オートのスライドスリーブに当たりなしです。
 ちなみにキュートシャープと違ってクリップは外せません。


・ワーズシャープ(1000円)
 貴重なキャップ式シャーペンその1。
 見た目はキャップ式ボールペンだけど中身はシャーペン、という感じの製品。
 キャップ式なおかげで固定スリーブなので悪くないです。
 ボールペンのデザインに合わせたためかお尻がちょっと細いのでノック部分が指にくいこんだりします。
 正直使用感はあまり覚えてないです。


・スピリットシャープ(1500円)
 貴重なキャップ式シャーペンその2。これはかなり前から消えてたかも。
 ずんぐりむっくり形状。
 これはノック感が悪かった気がするな。ガションガションという感じです。

 あとキャップが固くて外すのが面倒。
 キャップのおかげで固定スリーブ式なのでスライドスリーブ軍団と違ってストレスなく書けます。
 キャップのおかげでグリップと後軸の境目に段差があるので持ち方によっては気になります。

 先端パイプがなく、口金がガイドパイプを兼ねる昔風の構造。


あとスリムラインという細いシャーペンもあった気がしますがそれも消えてるかな。
自分が気づいていないだけで他にも消えているシャーペンがあると思います。
posted by masati at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | シャーペン雑談
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/113857374
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック