2015年03月15日

[雑談] 今日見てきたシャーペン

・デルガード
 芯を長く出して寝かせて書くと折れるので絶対折れないわけではありませんが、確かに折れにくいですね。
 機構の動きはなかなか楽しいのでは?

 まあ凝った仕掛けは壊れやすいと相場が決まっているし、ギミックに凝るとそれ以外が犠牲になる(つまり軸がしょぼい)から自分はいらないかな。
 芯はまず折れないし…。

 芯がポキポキ折れるのは軸や持ち方でなく100均の中国芯が原因ということもあるんじゃないかなと思ってます。
 ダイソーのノーブランド中韓シャーペンの初期内蔵芯の折れやすさは酷いですからね。
 
 あと見た目がクルトガスタンダードに似てますね。

 ゼブラだし全く期待していなかったのですが意外と面白かったです。


・オレンズ 0.2、0.3
 店頭テスター品壊れすぎ…。
 
 以前見たものは芯がぐちゃぐちゃに詰まっていましたが、今日見たものはガイドパイプが出てこず芯も入ってなさそうでした。
 
 あまりに壊れているものばかりなので壊れやすいイメージがついてしまっています。
 ただ単に芯を補充していないものもありそうですが、客としては壊れているのと区別がつきません。
 一般的な構造だしそんなに脆そうでもないんですけどね。
 0.2は厳しいのかな。

・レックスグリップ 0.3
 半年前に出ていたもの。
 スライドスリーブで0.3のわりにはぐらつきはひどくもないかな…。
 気をつけながら書けば店頭でもぐらつきがわかりましたが悪くないと思います。
 
 自分なら100円足してエアブランにするかな。
 エアブランならもう100円足してシュタイン0.3でいいか。
 でもレックスグリップ0.3でもいいかな。
 
 100円できちんと使えそうな0.3というだけで個性が出てますね。
 店頭だと芯径0.5版に埋もれてあまり目立っていなかったので損をしているかもしれません。
 

・ダイソーシャーペン
 中国製ノーブランドのシャーペンがほとんどで、まともそうなシャーペンはほとんどありませんでした。
 よくわからないならダイソーでシャーペンは買わないほうがいいでしょう。
 最近行った3店舗のうち1店舗でプラチナ・オレーヌシャープ(200円版)とよくわからないボールペンのセットが残っていて、他人にすすめられるのはそれぐらいかな…。
 自分はオレーヌがダイソー行きになる前に買ったので買いませんけど。


・Candoシャーペン
 国産100円シャーペンがメインなので無難ですがCandoで買う必要がないものが多いですね。
 一時セブンイレブンで売られていた形の違うオレーヌが売られていました。
 それとステンレスボディらしい小型シャープ(プラチナ)がありました。
 とりあえず両方買ってみました。

 ステンレスボディシャーペンのほうは見たことがなかったです。
 スライドスリーブなので全く期待できませんが。
 (手帳用シャープMTE300のスライドスリーブがあまり出来がよろしくなかった記憶があるので)

追記 2015 3/18
 キャンドゥのプラチナの手帳用シャープはMTE-400でした。
(http://www.platinum-pen.co.jp/products/sharp/sharp9.html)
 ボールペン版もありました。
 日本製。
 不安要素だったスライドスリーブもそんなに悪くないです。

 グリップは凹凸のないプラなので指が滑りやすいです。
 安価な手帳用シャープペンが欲しいならよさそうです。
 
posted by masati at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | シャーペン雑談
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/115181610
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック