2016年03月28日

[雑談] シャーペン売り場の雰囲気(2016年春)

PC新調などいろいろあってサイトから遠ざかっていました。
まあそんなことはどうでもいいのでシャーペンの話をします。

*クルトガと折れないコンビの時代

シャーペン売り場は変化がないようで変化しています。
2年ほど前はクルトガとドクターグリップがすべてのような売り場もありましたが、
今はだいたいクルトガ、デルガード、オレンズが目立ってますね。モノグラフもわりとみかけます。

ドクターグリップが少し目立たなくなったかな。

以前はクルトガとドクターグリップの二頭政治といった感じでしたね。

ギミックなしのシャーペンも頑張ってます。
新しめのギミックつきシャーペンが目立つからといって選択肢がないわけでもなく、ちょっと品揃えのいい店なら、S3、シュタイン、タフ、グラフギア500、カラーフライトといった定番品のうち数種類が売られています。

個人的にはシュタインシャープがちゃんと生き残っているのがうれしいです。

店頭で気になったシャーペンはぺんてるのビクーニャシャープ(2000円版)。
金属軸に金属パーツ(たぶん)、3mm針状固定パイプ、クリップ位置も高めで、しっかり作ってありそうだという印象でした。
持つ際の滑り止めが何もないのでこれは滑るやつだとも思いましたが。

自分の好きな系統のシャーペン(ギミックのないシンプルなシャーペン)は新製品がほとんどないようですが、
従来の製品でほぼ完成してるのでまあいいかなという感想です。

注目の新製品はOhtoのConception。
↓Ohto公式サイトの情報画像
http://www.ohto.co.jp/images/new_products/2016/pen/SP-1500C.jpg
これもギミック系ですがスーパープロメカとcuteシャープあたりを融合させて未踏の地に踏み出してしまったような、外見はきれいだけど中身はまともじゃないワクワク感があります。
posted by masati at 20:07 | Comment(2) | TrackBack(0) | シャーペン雑談
この記事へのコメント
シュタイン最高
Posted by at 2016年06月03日 21:55
初めてコメントさせていただきます。
ビクーニャEX2シャープですが、ノック音が気に入って購入したものの、実際に使ってみるといろいろ残念なところが見えてきます。同じぺんてるでもランスロット2シャープと比較するとだいぶ完成度が落ちるといった印象です。

1.私の買ったのは外れの個体なのか、芯送りがぺんてるらしからぬアバウトさです。芯が均等に送られないことがあり、10回ノックで8〜9mm繰り出されます。芯押さえのゴムでもずれているのかと思いましたがずれていない。芯を戻すときも悪い意味で抵抗なくすっと戻ります。
2.ノックボタンの頭がほぼ球形で滑って押しにくい。ノックの重さも相俟って親指が痛くなります。
3.システム手帳のペンホルダーに収めるとき、クリップが抵抗なくスッと縫製部分まで乗り越えてくれるのはビクーニャEX1多機能と共通する美点です。

内部構造です。

1.先金を緩めると胴軸だけが分離して先金〜芯ホルダー〜ノックボタンまで一体で外れます。ランスロット2とは互換性皆無。
2.先金の下の白い樹脂パーツを押さえて先金を回すと先金が分離できます。芯ホルダー部は150円ビクーニャシャープ同様の透明樹脂(径は太い)で、値段の割には安っぽいです。さすがにチャックは金属でした。
Posted by bb753 at 2016年08月28日 00:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174675972
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック