2017年08月19日

bb753さんのビクーニャEX2シャープへのコメントを読まないのはもったいない

タイトルの通り。
サイトを放置している間にこれほどまでに情報の詰まったコメントが寄せられているとは不覚でした。

昔の記事へのコメントで目立たないのはあまりに惜しいので、
せめてもうすこし目立つようにここに転載しておこうと思いました。

※ぺんてる公式のビクーニャEX2シャープの情報:
http://www.pentel.co.jp/products/automaticpencils/vicunaexs/
重めの金属軸のシャーペンです。

以下、bb753さんのコメントの転載です。


初めてコメントさせていただきます。
ビクーニャEX2シャープですが、ノック音が気に入って購入したものの、実際に使ってみるといろいろ残念なところが見えてきます。同じぺんてるでもランスロット2シャープと比較するとだいぶ完成度が落ちるといった印象です。

1.私の買ったのは外れの個体なのか、芯送りがぺんてるらしからぬアバウトさです。芯が均等に送られないことがあり、10回ノックで8〜9mm繰り出されます。芯押さえのゴムでもずれているのかと思いましたがずれていない。芯を戻すときも悪い意味で抵抗なくすっと戻ります。
2.ノックボタンの頭がほぼ球形で滑って押しにくい。ノックの重さも相俟って親指が痛くなります。
3.システム手帳のペンホルダーに収めるとき、クリップが抵抗なくスッと縫製部分まで乗り越えてくれるのはビクーニャEX1多機能と共通する美点です。

内部構造です。

1.先金を緩めると胴軸だけが分離して先金〜芯ホルダー〜ノックボタンまで一体で外れます。ランスロット2とは互換性皆無。
2.先金の下の白い樹脂パーツを押さえて先金を回すと先金が分離できます。芯ホルダー部は150円ビクーニャシャープ同様の透明樹脂(径は太い)で、値段の割には安っぽいです。さすがにチャックは金属でした。
posted by masati at 21:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | シャーペン雑談
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180709003
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック