2017年08月20日

[雑談] Amazon.comの一番人気はBICの24本入りシャーペンだった

日本のAmazonではぺんてる smashが人気ですが、Amazon.comではどんなシャーペンが人気なのかとふと気になりました。

↓ランキングページがこれで、(https://www.amazon.com/gp/bestsellers/office-products/1069816/
amazoncom_mp_bestseller.png

↓1位の商品がこれ。(https://www.amazon.com/BIC-Xtra-Sparkle-Mechanical-Pencil-24-Count/dp/B0007L1VLO/
amazoncom_mp_no1.png
※スクリーンショットはAmazon.comより

うーむ、むちゃくちゃ激安。
24本入りで3.77ドルとか3.9ドルなのはすごいですね。
鉛筆より安いよ。

コメントを軽く読んでみました。
『2、3時間で壊れるウォルマートブランドのシャーペンと同じだろ、と思っていたが、ちゃんと長持ちする』
BICすごいというよりウォルマートひどすぎだろ…。

『学校では、シャーペンはいつもすぐなくなるし、貸すと二度と返ってこなかったりする』
これは完全に納得。
正直自分も、学校にもっていくのは安いシャーペンでいいと思ってます。

『私の子供にとっては、伝統的な鉛筆はカッコよくないようだ』
あるある。

それから、
『芯が折れにくいのが良い』というコメや『芯は交換できますか?』という質問もありました。
芯が入れ替えできないタイプの使い捨てシャーペンや、内蔵芯がポキポキ折れる粗悪品が流行ってそうですね。

2位も激安系。
papermateの12本入り2.51ドル。


Amazonのランキングは実際の人気を反映しているとは思いませんが、ランキングを眺めてみるのも面白いですね。
※Amazonで買うものは、近所であまり売られていないものが多いと思います。
『近所で売ってないからアマゾンで買ってる』というコメもありました。

10位付近からは、日本企業のシャーペンもかなりランクインしています。
日本でも馴染み深いシャーペンで一番高ランクなのは9位のぺんてるTwist erase III(日本のTuff)ですね。

以下、11位:グラフギア1000、12位:クルトガローレットモデル、15位:グラフギア500、16位:クルトガスタンダード、19位:P205(pentel)となっていました。
posted by masati at 16:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | シャーペン雑談
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180716752
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック