2011年02月17日

[感想] ぺんてる フィットクラブ - 全身ラバー系100円シャーペン

MP_fitclub_overview.jpg
Pentel FITCLUB A175。
昔、家にあったな、という懐かしさで買ったもの。全身ラバーの100円シャーペンです。
100円シャーペンにありがちな軸のプラが薄くしなりが強いタイプなので使うことはないでしょう。
ちゃんとした金属チャックで先端もぐらつかないし、100円にしては良心的かな。

他にもFitなんたらというシャーペンはあったような気がします。持ちやすさを工夫したアピールとしてFitという単語は使いやすいのでしょうか。
おそらく生産終了品。

お気に入り度:-
あまり感じることがありません。
値段のわりにはそつがないよくできたシャーペンなのではないかと思います。
他にいろいろ持っていると出番はないでしょうが、とりあえず書くものが欲しいという時にはこれで十分だった記憶があります。

○良いところ
・100円で金属チャック
・充分な滑らなさ
・固定スリーブで先端が安定

×悪いところ
・プラが薄く軸がしなる

?気になるところ
・キャップが緩い
・芯入れの筒が歪んでいる(柔らかそう)

*持ちやすさについて
全身ラバーなのでどこを持っても滑りません。
軸が柔らかく上のほうを持つとしなり度がアップするのでどこでも持てるというわけではありませんが。
上のほうを持って力を入れると軸がしなる感触がはっきりわかります。

グリップ部分の溝は深く、ここを持つとよりしっかり持てますが手に溝の形の跡がつきます。
まあ持ちやすいほうです。

*内部
・消しゴム
MP_fitclub_eraser.JPG
珍しく縮んでいません。きれいです。
消しゴムを外しても芯を入れる穴はありません。
クリップ部分のパーツを外して芯を入れます。

・クリップパーツ
MP_fitclub_cap.JPG
軸のお尻にあるクリップのついたパーツです。
ここを外して芯を入れます。
外側に露出していた部分と内側の部分でだいぶ色が違います。外側は変色したのでしょうね。

・芯入れ
MP_fitclub_innerbarrel.JPG
ちょっと黄ばんで曲がってます。やわらかい素材なのでしょう。

・筒
MP_fitclub_barrel.jpg
青いプラに黒いゴムが貼り付けてあります。
プラもゴムも薄いです。

・先端部分も外せます。
MP_fitclub_disasm_full.jpg
白い部品を先のほうに押すと外せます。白い部品とバネを外すことができます。
真鍮三分割チャックに、真鍮チャックリングです。

初期芯は2本だったのかな。裸売りだと芯が抜かれていたり、試筆で芯が折られたりするのでよくわかりませんが。

*文字
MP_fitclub_str.JPG
"Pentel [100]
0.5 A175 JAPAN 3J"


*経年変化について
裸のままペン立てに入れて売られていたにしては悪くないですが。
・外側のプラスチックが変色して青からダークブルーになっている
・内側の芯入れの半透明プラが黄ばんでいる
・表のラバーが乾き気味でやわらかめのプラスチックという感じ
それなりに古いものだと思います。記憶が確かならば家にあったのは15年ほど前。
消しゴムは無事できれいだったのが意外でした。
posted by masati at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 使ってみた
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43471549
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック