2011年03月07日

[感想] ○モンブランあずき色/0.5 - 手が込んだ変わりもの

MP_montblanc_ov.JPG
よくわからないシャーペンです。0.5mm芯。
あずき色というかえんじ色というか、そんな色でシンプルな美しさがあります。
軸にはMONTBLANC GERMANYと書かれています。


*お気に入り度:○(普通)
見た目はいいのですが使いづらいです。
重いわりに滑るのですぐ落としそうな上に先端がぐらぐらします。

○いいところ
・軸の金属が厚めで丈夫そう。塗装もきれい。
・軸がぐらぐらする部分がなく一本の金属棒のような感触。キャップもカチャカチャ言わない。

×悪いところ
・軸が滑る。つるつるで滑るというよりさらさらして滑る感じ。
・先端が固定されていないのでぐらぐら。先端収納なしなのになぜ非固定?

?気になるところ
・芯を入れるとき軸を外す必要があるが外す時にバネがねじれる音がする。
・軸にバネの力がかかっているのでネジが削れやすい気がする。
全体的になんでこんな構造になっているのかさっぱりです。


*作り
・正面から
MP_montblanc_front.jpg
クリップにマークがついています。
クリップのとリングの間に"MONTBLANC GERMANY"と書かれています。

・キャップ&消しゴム
MP_montblanc_eraser.jpg
キャップを外すと消しゴムがついています。
ここから芯を入れたくなりますがそれは罠です。入りません。
ここから芯を入れる作りだと消しゴムの下に芯が当たって汚れるのでそれを嫌ったのでしょうか。


MP_montblanc_captop.jpg
キャップを上から見た図。ここにもマークが入っています。


・中身
リングのある部分がネジになっていてそこを回すと外れます。
ここのネジなのですが、バネの力がかかっている上に回すとバネも回ってしまう感じです。
外そうとするとネジがぎしぎし言ってちょっと削れてそうだしバネはキチキチ音を立てるしで何度も分解するとやばそうです。
ペン先に向けて上半分の軸を押しつつ回せばちょっとはましでしょうか。
MP_montblanc_inner.JPG

ペン先がひっこんでいます。
中身のメカは軸の上半分に押されて固定されているらしく軸の上半分を外すとひっこみます。

・上半分の軸を内側から見た図
MP_montblanc_barrelup.jpg
厚みのある真鍮に厚めの塗装をしてあるように見えます。

・掃除針2
MP_montblanc_innerneedle.jpg
これは内蓋の役割でしょうか。針がついています。
この内蓋針を外しっぱなしにしておけばキャップと消しゴムを外しただけで芯が入れられるようです。
そうした場合、消しゴムの下が芯で汚れるでしょうし、この針を失くす自信がありますが。

・先端
MP_montblanc_tip.JPG
針型でなく三角型。
軸の上半分が内部機構を先端におしつけて固定しているようです。
ダブルノックのボールペンっぽい感触でぐらつきます。

・部品
MP_montblanc_parts.JPG
もっと分解できそうですが分解の仕方がわからなかったのでここまで。


*その他
かなり重いです。旧スーパープロメカ丸軸(確か26g)より重いので30gぐらいでしょうか。
全長は14.2cm。よくある長さ。


もしかしたらメインはボールペンで、ダブルノックのボールペンのパーツをできるだけ流用したらこんな構造になったのかもしれません。
それか軸と中身を完全にわけることで壊れた時どちらかを交換して直せるようにしているのかも。

たまに使ってみたくなり手に取るのですが、ちょっと書いただけでもういいや、と箱にしまってしまいます。
先端が固定されていないせいか芯が震えるような書き心地です。
書く時に芯が紙に触れた時と芯が紙に押しつけられた時の2段階芯が当たる感触がします。

先端以外はどこにもぐらぐらする部分がなかったり、細身でしっかりした軸だったり、ネジ山や塗装がきれいだったりと好きな点は多いのですが、やっぱぐらつき感がきついですね。
posted by masati at 20:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 使ってみた
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43730258
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック