2012年02月17日

グラフ1000はそんなに悪くないかも

現行品で、芯径が選べる製図用でラバーグリップ、となるとグラフ1000ぐらいしか妥当な選択肢がない気がしてきました。

製図用でラバーグリップといえば、ステッドラー925、パイロットS5、プラチナプロユース500。
その辺よりはグラフ1000のほうがよさそうです。
(グラフギア1000のグリッパーは金属ローレットメインかな、と感じたので除外)

925は店で触ったことはあるぐらいで持っていません。しかしS5とプロユース500は持っていて使いました。

S5は少し寝かせただけで軸がしなるのでよくないです。
ラバーグリップをかぶせるためにやわらかいプラ軸を細くするという構造が失敗だったのでは。

プロユース500も似たような感じですね。S5に比べてラバーグリップが短いので、しなりもS5ほどひどくはありませんがやはりしなります。
クリップがプレスマンと同じ手に刺さる物、かつ重みが上に寄っているのでクリップを外すのが安定、キャップがカタカタするのでテープ貼りの必要がある、クリップを外すと転がって机から落ちるので転がり防止を考えなくては・・・という感じで、買ったままだと癖が強かったですね。
まあいろいろやれば使いやすくなったので個人的にはわりと好きですけど、しなりは対処不能でした。

そうなるとグラフ1000なのかな。グリップの筒が緩い問題はグリップがはまっている軸にテープを貼って太くすれば平気ですし、ちゃんとシリコーンを使っていますし、芯径も五種類から選べますし。

製図用でなおかつラバーグリップでないとだめという人はごく稀だと思うので、グラフ1000がベストだと言うつもりはありません。
4種類の中で比較すれば一番よさそうだというだけです。
(2012.2/19少し追記)
posted by masati at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | シャーペン雑談
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54028064
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック