2012年12月17日

[雑談] 日記のようなもの

<今日見たシャーペン。ホライゾンシャープは駄目だった>
・オート ホライゾンシャープ
 なぜか近所の店に入っていたのでチェック。
 店での試筆でわかるほどの先端グラグラ。どうしようもない。オートは固定スリーブ以外チェックしなくてよさそう。
 4本中1本、先端が出ない故障品も混ざっていたので機構の信頼性も疑問。


<投票用紙には濃く書ける>
 表面のマット加工(?)のおかげで黒鉛が乗りやすいのかな。
 紙ヤスリに字を書こうとすれば黒鉛がよく乗るのと似たようなものか。
 
 投票用紙に濃く書けるのは、紙が湿気を吸っていない状態で書くからという理由もあるだろう。
 乾燥した場所からひっぱりだしてきたばかりの紙には濃く書けるが、紙の下のほうに行くにしたがって字が薄くなるのはよくあること。
 これは紙が手などの湿気を吸ってしまうせいだろう。

 鉛筆は見た限りでは、トンボの8900HBと三菱鉛筆の9800HB。投票所によって違うのだろう。


<実店舗について>
 100円シャープ+ドクグリ、クルトガ売り場と化している店が多い。
 かといって品揃えが豊富になったら売れるかというとそうでもない。結局はネットで買うほうが安くてきれいだったりするので。

 実店舗は多くの店が品ぞろえが悪く、安くもなく、裸売りの商品が汚く故障品混じり。
 特に故障品の多さにはうんざり。
 試筆のおかげで多くの駄目シャーペンを回避できたのはありがたいが、買う立場になってみると欠点が目立つ。 

 実店舗は安売り大型店か、他の店の一角にある文具コーナー、という形でしか生き残らないのではないだろうか。
 既にそうなってるか。
posted by masati at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | シャーペン雑談
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/60816533
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック