2012年12月20日

[メモ] ゼロシン300のクリップの外し方

プラチナ ゼロシン300(MZ-300)のクリップの外し方。
TUFFと方法は同じ。だがタフに比べてかなり外しにくい。(参考:タフのクリップの外し方

注:TUFFと異なりクリップのあった位置に突起がないので、クリップを外すと非常に転がりやすくなる。

↓ゼロシン300の全体図。ラバーグリップからクリップ先端までの距離が近く、クリップが手に当たりやすい。



↓ここのクリップの端からプレスマンクリップを差し込む。


クリップの切れ目からプレスマンクリップを差し込む。
タフよりプレスマンクリップを差し込みにくい。ゼロシンクリップの角の部分から差し込むとちょっとはマシかな。
プレスマンクリップは、ゼロシンクリップの下側に差し込む。そうするとクリップが上に行きやすい。

かなり無理やり入れることになるので溝にちょっと傷がつく。


タフの時と同じように、プレスマンクリップを奥に押し込みながら、ゼロシンクリップをプレスマンクリップで浮いた側にひねる。
つまり、物を差し込んで、ゼロシンクリップを浮かせて、溝からどうにか外すのだがなかなか外れない。


どうにかクリップがでっぱりを乗り越えたら、後は余裕。
上に力をかけつつ、クリップを左右交互にひねればだんだんクリップが外れていく。
↓でっぱりのある位置





↓クリップが外れた図。太さがあるためかクリップを外しても見た目はいい感じ。(私見)


<余談:クリップ先端について>
今までクリップ先端の球は金属球をくっつけてあると思っていたが、板を曲げて球の形に作ってあった。

クリップ先端を良く見ると、円形ではなく台形を丸っこくふくらませたような形状。


クリップを裏から見ると、金属板を曲げて形を作ってあるのがわかる。
posted by masati at 23:48 | Comment(1) | TrackBack(0) | メモ
この記事へのコメント
たしか力を入れればまわせたと思います@クリップ
Posted by サックー at 2015年06月26日 07:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/60916590
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック