2013年11月02日

[雑談] 芯のぐらぐらはありえない

個人の感想です。
自分が重視しているポイントを考えてみた。

1.芯がぐらぐらしない
 これは絶対。自力で対策できない。
 芯がぐらぐらする物としない物が並んでいたら、ぐらぐらしない物しか使わなくなる。

2.軸が固い
 力を入れると軸が曲がる感触がある物はあまり使いたくない。
 駄目なものはS5などラバーグリップのプラ軸に多い。
 金属軸有利。

3.クリップが邪魔にならない
 外せれば邪魔でも構わない。
 外したときに転がりにくくなっているといい。
 
4.グリップが滑りにくい
 ラバーグリップ有利だが、ラバーグリップはカチカチツルツルになるものが多い。
 ラバーグリップならシリコーンの物がいい。溝ありだとさらに滑りにくい。
 
 プラ軸や金属軸に溝があるタイプは滑り止め力は低い。
 金属ヤスリのようなタイプは物によって滑り止め力が大きく違う。ステッドラーのREGは滑る。

 滑りやすいグリップだと、滑らないように無意識に力を入れてしまうので指が痛くなる原因になる。

5.キャップがカチャカチャいわない
 現行品でカチャカチャ言わないのがほとんどない。
 テープで隙間を埋めて対策。
 タフやスマッシュは対策しなくても大丈夫。

6.壊れにくそう
 総金属が理想だが、ねじとチャックが金属なら平気なのでは。

7.安め
 安めだと思うのは300円代までかな。壊してもかまわないと思うと気が楽。


4と5は、対策すればましになる部分。
6.は壊れてもいい値段の物ならいいかな。
重要なのは1〜3で、特に1か。

グリップがとてもやわらかいものは一長一短。力をかけてもグリップに吸収されて疲れる 線が薄くなる上、手が動いたとおりにはペン先が動かない感触。指の痛み、ペンだこ防止にはいい。


自分が気に入っていたもの、一時期使っていたものに照らし合わせ。

1 3 67 ぺんてる グラニフxシュタイン
1 345 ぺんてる スマッシュ
1 345 7 ぺんてる タフ
1 3  7 ゼブラ  ノックペンシル M1300
1 3 5  ウチダ  ドローイングシャープ回転繰り出し現行品 ※わずかに芯ぐらぐらするかも
1 34 7 プラチナ ゼロシン300
1 4 6 ぺんてる エルゴノミックス PR505
123 オート  SP-507M ※手元の個体はネジのゆるみが不安
123 6 オート  プロメカSP-505P ※0.3は不安定
1 3 7 プラチナ PROUSE 300 ※0.3は不安定
1 3 プラチナ PROUSE 500 0.5 ※ラバーグリップだがけっこうツルツル
1 3 7 パイロット S3 0.5 ※0.3は不安定
1 3 67 ぺんてる Hue 0.5
1 3 67 ぺんてる シュタイン 0.5
1 3 6 ぺんてる グラフペンシル 0.5
3 ロットリング TikkySpecial 0.5 ※個体差大きく外れが多い。
123456 フジコロナ メカペン0.3

2.軸が固い、については、金属軸の固さを基準にしたらプラ軸が全部駄目になってしまった。
実際はプラ軸でも十分な物が多い。

まとめてもよくわからない。慣れも大きい気がしてきた。

実際には、現行品0.5ではぺんてるスマッシュが一歩リードしている印象。
スマッシュは買ったままでストレスなく使える度ではトップなのでは。
・先端安定 ・グリップしっかり ・キャップ震えない ・クリップ控え目で外せる。外しても転がりにくい
主に価格の問題で学校に持っていくにはあまり向かないと思うが。学校は物がなくなりやすいので。

しかしほとんどスマッシュ使ってないなあ。もっとシンプルなシャーペンで足りてるからかな。
posted by masati at 18:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | シャーペン雑談
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/79753542
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック