2014年01月09日

[新製品] ぺんてるから0.2軸orenzが出るらしい

>超絶の細さ0.2のシャープペンシル!orenz(オレンズ)発売(ぺんてるニュースリリースより)
http://www.pentel.co.jp/news/2014/140108_01.html

    *思ったこと。


・よくこれ出す気になったなあ。ぺんてる面白いな。
・0.2芯が当分、普通に手にはいるのは良いことだろう。
・ぺんてるのスライドスリーブでしかも0.2。先端グラグラが目に見えるよう。自分には合わないだろう。
・ノートのきれいさと成績の良さは関係ないよな。
・中高生に人気は出ないだろう。物好きな人が試しに買うか画材として買うという人はけっこういるのかも。

    *記事へのつっこみ


以下、緑文字はぺんてるニュースリリースからの引用部分

>芯径0.2でありながら、不思議なほど芯が折れないシャープペンシルです
芯を出さずにパイプを擦りながら使うことで芯が折れないということらしいです。
たいていの人は普通にノックして使って、不思議なほど芯が折れることになりそうです。
説明書きを読まない人は多いのでね…。

>「芯を出さないで書く」という新しい使い方を可能にしました。
オートマチックシャープの書き方と同じですね。
これは従来のスライドスリーブシャーペンでもできなくもないのですが、書き心地が悪いですね。

>パイプ先端の摩擦を低減
これはどうやっているかちょっと興味あります。パイプの角を面取りして丸くしてあるだけなのではと思ってますが。
低価格のオートマチックシャープでは、つるつるのプラスチック(ポリアセタール?)をパイプに使って摩擦を減らしていますね。


    *グラフペンシルと似たようなものになるのでは


ところでorenz以前の0.2といえば廃番となったグラフペンシル0.2であり、orenzはその後継で廉価版なのではと思われます。
そう考えるとたぶん自分には合わないんだろうなと思います。
自分がグラフペンシル0.2を買わなかった理由は次の三つ。それをorenzも受け継いでいそうなので。

理由1.芯が高い 
 安くなっていますね。
 ハイポリマー0.2(12本 ¥315) -> シュタイン0.2(10本 ¥210)
 微妙。以前よりは安いけど高い。画材として考えるならありなのかな。
 細い芯はすぐ減るのもあって自分にはきつい値段。

理由2.先端ぐらぐら
 これが決定的だった。
 確かグラフペンシル0.2では、パイプと口金の間にも、芯とパイプの間にもちょっと隙間が空いていてぐらぐらしていました。
 隙間があるのは当たり前ですが、隙間が広過ぎた気が。この点がどうなっているか気になります。

理由3.店頭在庫の芯がどれもバキバキに折れていて欲しくなくなった
 芯がめっちゃ折れやすいぜ、と全力でアピールされた気分でした。でもわりとどうでもいい点。
 ブリスターパックで売ることで対策するのかな。

3.はどうでもよいとして、2.が変わっている気がしないのでたぶん買わないだろうな…。


発売日は2014年2月12日になったようです。(2014/01/16追記)
発売日は2014年1月27日らしいです。文房具の発売日は少年ジャンプなどと違ってけっこういいかげんな印象ですけどね。
スライドスリーブ周りを中心に、どんなものかは興味あるので発売されたら見にいってみようと思います。
posted by masati at 20:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新製品
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/84946642
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック