2014年03月29日

[比較] 2mm色芯よりピラミッド

[重要]今のピラミッド色鉛筆はだめです。リニューアルしたものが出回っていますが、色が薄く従来品とは別物です。2016年4月29日追記

ダイソー2mm色芯がどんなものか知るために他の色鉛筆と比較した続き。
暫定結論。
安く色塗りたいなら、ダイソー2mm芯よりダイソーのピラミッド色鉛筆。
追記:ピラミッド色鉛筆も現行のものはだめです。色があまりつきません。

coloredpencil2.jpg
coloredpencil3.jpg
左から
ダイソー2mm芯(36本セット)
トンボ 色鉛筆 1500
ダイソー ノック式10色色鉛筆
ダイソー 12色色鉛筆(Pyramid)画像の塗りは旧版使用。現行版は芯が固く色がかなり薄くおすすめできない(2016.4/29追記)
ダイソー 12色色鉛筆水彩(Pyramid)画像の塗りは旧版使用。現行版は買っていないが駄目になっていると思われる(2016.4/29追記)
ダイソー ツイストクレヨン12色(くるりら風の物)※
ぺんてる くるりら
ぺんてる パスティック
三菱鉛筆 ジャンボカラー
noa-int 18色きんぎんいり(meetsで購入)
レイメイ 色鉛筆24色
サクラクレパス クーピー 60色セットから抜粋

※おまけ文章:百均の『クレヨン』について
百均の『クレヨン』の多くは、日本で言うクレヨンではありません。硬く塗りづらく、クーピーの出来そこないのようなもので、クレヨンとは別物と感じます。
カチカチに硬い、ただの色つき蝋としか思えない物も多いです。

サクラクレパスかどこかのサイトに、元々のクレヨンはロウと顔料を混ぜて固めただけの物。その後、油を加えて描きやすいように改良されたものが一般的になった、というような記述がありました。百均クレヨンの多くは"元々のクレヨン"でしかも出来のよくないものなのでしょう。

百均物で一般のクレヨン(濃くやわらかく、べたべたする)に近い物は、『ソフトクレヨン』、『オイルクレヨン』、『オイルパステル』あたりかな。

蝋+顔料製の硬い百均『クレヨン』はクレヨンというよりクーピー系なので上記比較画像に混ざっています。
Twist Crayon 12色はまだましで、48色セットの『クレヨン』はただの蝋といった感じでどうしようもなかったです。
おまけ文章終わり。


あからさまに色がおかしい色鉛筆があるんだが。右から3番目。
ひどすぎてダイソー2mm色芯が良く見えてきてしまった。

しかしダイソー2mm色芯はやっぱり他の色鉛筆と見比べると色が乗ってない。
その割に粉がでまくって書き心地も悪いし。

100均物比較では、
ピラミッド色鉛筆 水彩でない方(ダイソー)>>ダイソー2mm芯=ダイソー回すと芯が出るクレヨン>>noa-int 18色。
かな。


noa-int.jpg
これがひどい色鉛筆。百均(meets)で買った18色入りのもの。
なぜか金銀だけは普通だがその他の16色が全部つかいものにならない。
金銀だけ芯の製造者が違いそう。
noa-int2.jpg


そういえば、ダイソー2mm色芯をテーブルからケースごと落としたら18本中4本が折れてしまった。折れたうちの3本は赤芯だったので、真ん中に入っている芯が折れやすいか、赤芯が折れやすいかどちらかか。


追記メモ:
・レイメイ24色の残りの色と、それに対応するクーピーの色
coloredpencil4.jpg
レイメイ色鉛筆は意外と感触がよかったので使ってみようかな。

・ピラミッド色鉛筆は水彩色鉛筆は塗り心地が悪い。水にも思ったほど溶けない。

・ピラミッド色鉛筆(油性)のピンクはガリガリする。
 原因は、蛍光顔料の粒が大きいままで混ざっていないため。(蛍光顔料が入っているが、ほんの少しなので蛍光色とは言い難い)
 ガリっとしたら、芯を眺めると色が明るい部分があるのがわかる。

・ピラミッド色鉛筆(油性)は全体的に軽い水溶性。水につけると表面が溶けてやわらかくなる。

・ダイソーノック式色鉛筆(2mm芯)の青は軽い水溶性。


更新:2014. 4/7
発売日の時系列から、ダイソーの回転繰り出しクレヨンはくるりらのパクリではなさそうなので修正。

ダイソーに旧回転繰り出しクレヨン5本セットが並ぶ(2007)。ホルダーはくるりらと同型→
ぺんてる くるりら発売(2009)→
現行ダイソーTwist Crayon 12色が並ぶ。ホルダーはくるりらの劣化風。これはくるりらの先か後か不明だが
という時系列のようだ。

2007年にくるりら型クレヨンが出ていた情報元は個人ブログより http://luckymarimo.blog7.fc2.com/blog-entry-665.html
>鉛筆削りが要らないクレヨン まわすタイプ 2007-09-29-Sat

2009年にくるりら発売ソース http://www.jpubb.com/press/126548/
>3. くりだし色鉛筆くるりら12色1個756円(本体価格720円)2009年1月発売

くるりらは韓国製でホルダー部は出来がよろしくないので、芯はぺんてる製でホルダーは現地企業から安く買っているのかもしれない。
posted by masati at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 比較
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/91900944
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック