2013年10月22日

[メモ] ぺんてる きらりシャープ P209

_kirari_pack.jpg_kirari_packura.jpg
ぺんてるきらりシャープ P209です。
パッケージにはXP-209とありますが、パッケージ入り製品にはXがつくようです。
写真のカラー(金色、藤色)のほかに、桜色(メタリックピンク)がありました。
軸はプラスチックです。

・定価 420円
・芯径 0.9のみ。
・初期芯 3本。
・本体重量
 8.9g(芯なし、クリップあり状態)
 9.1g(芯3本入りのまま)
 7.8g(芯なし、クリップ外し)

*入手前に気になっていた点
・軸はきれいか? → きれい。プラに金属粉を混ぜたタイプではない。黒地に塗装してある。
 (追記)塗装がハゲる可能性を考えるとどうかな…新品の時はきれいだが。
・グラニフシュタイン(P30xS)と同じ? → 完全に一致。中身交換可能。

*使用感
グラニフシュタインをさんざん使ったので、新製品を買ったというより持っているシャーペンを買い足した感覚です。
感じることも今のところグラニフシュタインと同じ。
○:良い点 ×:欠点
○軸がしっかりしている。(シンプル構造なので、軸のパーツ分割が少ない。ラバーグリップのせいで軸を細くなっているということもない)
○先端や芯がぐらぐらしない。安定している
○壊れがちな部分は金属パーツを使用
○重量が軽く気軽に使える。個人的な好み。

△邪魔なクリップ。ただ、簡単に外せるのでいいかな
△キャップ付近がすこし揺れて音を立てる。テープでキャップまわりの隙間を埋めて対処
×グリップが滑りやすい。この時期はまだいいが真夏や真冬はツルツル滑る
×長時間使うと指が痛い。おそらくグリップ部が細いため

長時間使用の問題が一番つらいかも。
軽くしっかりしていて使い勝手が良いので調子にのって使っているといつのまにか指が痛くなります。
グリップの滑りやすさは、ざらざらしたテープを貼るなどしてごまかせないこともないです。

*中身と交換
軸の内側をのぞくと黒い色が見えます。ベースはグラフペンシルのような黒軸で、そこに塗装がされているようです。
_kirari_insidejpg.jpg

シュタインシャープ(P313,P315)と中身は交換可能です。↓交換してみた写真。
_kirari_stein_exch.jpg

↓しかし、口金の形が微妙に違うので口金と軸の境目に違和感があります。細かいことを気にしなければこれで使用可能です。
_kirari_stein_exch_tip.jpg

グラニフシュタイン(P303S,P305S)シャープとは芯径を除き完全に同形なので、口金も含めて中身を入れ替えればきらり軸を0.5や0.3で使うことができます。
_kirari_graniph_exch.jpg

部品が交換できるのは楽しいですね。
自分の場合は交換する必要はなかったので一通り楽しんだ後元に戻しました。

その他
台紙に書かれているシャープペン字ワンポイントアドバイスは内容が薄かったので読まずに捨ててしまった人も安心です。

パッケージ裏に『鉛筆のような〜』とありますが、鉛筆の感触が好きなら鉛筆を使うのが一番。

個人的には以下の4点を重視しているのでこれ系の軸は好きです。
1.芯がぐらぐらしない(最重要。必須)
2.クリップが邪魔にならない
3.キャップがガタガタしない。テープで対策できる作りならガタガタしていてもまあいいか
4.軸が硬いほうがよい(力をかけても軸がぐにゃぐにゃしない)

ただ、400円になってくると、300円シャーペンより高く500円シャーペンと大差ない値段になってしまうので対抗馬が豊富でちょっと微妙かもしれません。
個人的にはここ1年ほど0.9をほぼ使っていないので、良いシャーペンですが使わなくなりそう。
posted by masati at 15:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | メモ

[メモ] ダイソーのクリア四角軸シャーペン0.9がひどい

ダイソーのクリア四角軸シャーペン0.9。芯がまっすぐ出てませんね。今まで気づなかった。
チャックがずれています。

dai_magatteru2.JPG

dai_magatteru.jpg

上がダイソークリア四角軸シャープ0.9
下はぺんてるきらりシャープ(比較用)
dai_zureteru1.jpg

dai_zureteru2.jpg
ダイソークリア四角軸0.9のほうはいちばんズレが目立つ角度で撮影。
ぺんてるのほうはどの角度からでも同じに見えたので特に角度は気にせず。


口金の違い。
いろいろやってるうちに口金が混ざって少し焦ったのですが、口金内部のネジまできれいにメッキが回っているほうがぺんてる製ですね。
クリア四角軸0.9の口金を裏から覗くと、真鍮でなく銅の色が見えるんですが…。銅製口金?

キャップも、ぺんてる風韓国製は裏までメッキが回っていませんが、ぺんてるのものは裏まできちんとメッキされています。
ぺんてるのキャップは、微妙にギラギラを抑えてある印象です。
posted by masati at 00:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | メモ

2013年01月20日

[メモ] pdfカタログをダウンロードする方法

・あの製品が消える前に、カタログの情報を保存しておきたい!
・カタログの読みこみが遅いので、一気にダウンロードしてから見たい
・オフライン環境でカタログを読みたい!
ということでpdfカタログを保存する方法。

要は1ページずつpdfを保存する作業の手間を減らしているだけです。
pdfによるカタログではないサイト、pdfをダウンロードできないサイトは、webサイトをまるごと保存するソフトを使うのが良いでしょう。


文具系以外でも同じような形式のカタログを見かけますが、そのようなカタログは同じ方法で保存することができます。
(カタログ一括ダウンロード機能はないが、1ページずつならpdfでダウンロードできるカタログならこのやり方が使えます)

<手順>
0.カタログページを開き、pdfファイルのURLと規則性を調べる ("Firefox" + "HttpFox"を使用)
1.pdfを1ページずつ、全ページダウンロード ("Irvine"を使う)
2.ファイル名順に並び替えたとき、ページ順になるようにリネーム。("Flexible Renamer"を使う)
3.pdfファイルをファイル名順に並び替えてから結合する ("ConcatPDF"を使う)

<以下、詳しい説明>

*Irvine「URLを展開して貼り付け」用のURLメモ。
 2013/01/18日現在のものです。カタログが更新されたらページ数も変わってしまうと思うので参考程度に。

 ファイルサイズはかなり大きいです。各社200MB程度。サクラクレパス、コクヨは1GB越え。
・ぺんてる 2011-2012カタログ
http://pentel.imagestore.jp/catalog/pdf/[1-294].pdf

・パイロット 2012カタログ
http://dcs.mediapress-net.com/iportal/CatalogDownload.do?method=downloadPdfCatalogPage&volumeID=PLT12001&catalogID=2104890000&pageID=21[0655-1113]0000&designID=LINK_PLT&designConfirmFlg=&applicationPdf=true&annotXml=

・三菱鉛筆 2012-2013カタログ
http://dcs.mediapress-net.com/iportal/CatalogDownload.do?method=downloadPdfCatalogPage&volumeID=MBE10001&catalogID=1877550000&pageID=31[7695-8049]0000&designID=LINK_MBE&designConfirmFlg=&applicationPdf=true&annotXml=

・ゼブラ
http://dcs.gamedios.com/iportal/CatalogDownload.do?method=downloadPdfCatalogPage&volumeID=ZBR00001&catalogID=3110160000&pageID=311[020-279]0000&designID=ZBRD001&designConfirmFlg=&applicationPdf=true&annotXml=

・トンボ鉛筆 2013カタログ
http://dcs.mediapress-net.com/iportal/CatalogDownload.do?method=downloadPdfCatalogPage&volumeID=TMB11001&catalogID=3357820000&pageID=33[5785-6084]0000&designID=TMB01&designConfirmFlg=&applicationPdf=true&annotXml=

・サクラクレパス 2012カタログ
http://www.craypas.com/2012collection/books/images/pdf/00[001-372].pdf
※計1GB越え。画像が大きいわけでもないのにPDFのファイルサイズがやけに大きい。必要な部分だけを手動でDLしたほうがよかったか。

・コクヨ
http://dl.kokuyo.co.jp/digicata/2013/stationery/pdf/[1-757].pdf
※商品数が多く、計1.18GBとかさばるので全部は保存しなくて良いかも。コクヨはシャーペンラインナップはあまりありませんし。

・pdfタイプのカタログがないサイト:
ミドリ、ステッドラージャパン、セーラー万年筆、プラチナ万年筆、オートなど
※こういったサイトの製品情報を保存したい場合、サイトを丸ごと保存するソフトを使うのがよいでしょう。

・カタログがまるごとダウンロードできるので面倒な作業が不要な物:
ロットリング(ホルベインのサイトから)


0.<HttpFoxでpdfのURLを調べる>
 Firefoxでカタログページにアクセス。
 HTTPFoxのプラグインをインストールしておきます。
 ※HTTPFox
 https://addons.mozilla.org/en-us/firefox/addon/httpfox/
 
 HTTPFoxがインストールされているなら、右下のHTTPFoxアイコンをクリックするとHTTPFox窓が開きます。


 HTTPFox窓の開始ボタンを押して、通信ログの取得を開始します。


 PDFの最初のページを保存しようとしてみます。実際にダウンロードせず、保存しますか?と聞かれたらキャンセルします。(保存してしまっても良い)

 ※環境によっては保存しますか?と聞かれずにPDFがブラウザで表示されるかもしれません。
 利用規約の確認が出たら同意しておきます。
 
 HTTPFoxの通信ログで、application/pdfと表示されている行を選択。これがpdfをダウンロードしようとしたログ。
 ぺんてるやサクラクレパスは、URLの項目がそのままPDFファイルのダウンロード元になります。


 最初のページ、2ページ目、最後のページをダウンロード試行すれば、ファイル名の規則性がわかり、全ページ分のpdfのURLがわかります。

 URLの部分を右クリックすると、URLをコピーすることができます。
 

 例:サクラクレパスでは、
 http://www.craypas.com/2012collection/books/images/pdf/00001.pdf
 で始まり、
 http://www.craypas.com/2012collection/books/images/pdf/00372.pdf
 で終わるので、00001.pdf、00002.pdf、00003.pdf、...00371.pdf、00372.pdfを全てダウンロードすればよさそうです。

 http://www.craypas.com/2012collection/books/images/pdf/00[001-372].pdf
 とすれば、Irvineの「URLを展開して貼り付け」で全てのページのURLに展開されます。。

 mediapress系は少し面倒。以下mediapress系の解説。
 「POSTデータ」タブを開き、表示形式を「未加工」にします。


 URLの文字列と、「POSTデータ」の文字列を?でつなげると、pdfダウンロード元のURLになります。
 三菱鉛筆の場合は、
 http://dcs.mediapress-net.com/iportal/CatalogDownload.do
 と、
method=downloadPdfCatalogPage&volumeID=MBE10001&catalogID=1877550000&pageID=3176950000&designID=LINK_MBE&designConfirmFlg=&applicationPdf=true&annotXml=
 をつなげて、
 http://dcs.mediapress-net.com/iportal/CatalogDownload.do?method=downloadPdfCatalogPage&volumeID=MBE10001&catalogID=1877550000&pageID=3176950000&designID=LINK_MBE&designConfirmFlg=&applicationPdf=true&annotXml=
 となります。

 カタログの次のページも同じように保存を試みて、pdfダウンロード元のURLを調べます。

 http://dcs.mediapress-net.com/iportal/CatalogDownload.do?method=downloadPdfCatalogPage&volumeID=MBE10001&catalogID=1877560000&pageID=3176960000&designID=LINK_MBE&designConfirmFlg=&applicationPdf=true&annotXml=
 となるはずです。pageIDの上6ケタ目の数字が1増えただけですね。
 つまり、三菱鉛筆カタログの場合は、pageIDの上6ケタを1ずつ増やしていけば全ページのpdfを取得できると想像がつきます。
 
 あとは、何ページ目で終わるか調べればよいので、カタログの最終ページのpdfを保存しようとしてみます。


 http://dcs.mediapress-net.com/iportal/CatalogDownload.do?method=downloadPdfCatalogPage&volumeID=MBE10001&catalogID=1877550000&pageID=3180490000&designID=LINK_MBE&designConfirmFlg=&applicationPdf=true&annotXml=
 pdfダウンロード元はこのようになっているはず。最終ページのpageIDは3180490000だということがわかります。
 
 つまり、pageIDの部分だけを変えて、
 pageID=3176950000、pageID=3176960000、pageID=3176970000、...、pageID=3180480000、pageID=3180490000
 とダウンロードしていけば、三菱鉛筆カタログの全ページをpdfで保存することができそうです。

 さて、全ページのPDFのURLがわかったといっても、手動でURLをタイプしたり、1枚ずつPDFを保存していく作業などやっていられません。
 そこでダウンロード用のソフトを使います。



1.<Irvineでファイルをダウンロード>
左ツリーの「デフォルト」フォルダを右クリックして、「フォルダ設定」を選択します。


ファイルの保存先を選択します。
新しいカタログを保存するときは変更します。
カタログpdfは別企業でも似たファイル名が多いので、同一フォルダに保存すると混ざってどれがどれだかわからなくなるので。


上部メニューの「編集」→「URLを展開して貼り付け」。
URLは上記の方法で調べ、Irvineで展開できる形式で書いておきます。代表的な企業の物は「URLを展開して貼り付け」用のURLメモに書いておきました。


別ウィンドウで、展開されたURL一覧が表示されるので、
別ウィンドウの上部メニューの「実行」→「ダウンロード登録」。


あとはpdfが自動的にダウンロードされていきます。



2.<ファイル名を修正する>
※mediapress系は元からファイル名順=ページ順になっているのでこの手順は飛ばしてよいです。

ファイル名順に並び替えたときに、きちんとページ順に並ぶようにファイル名を変更します。
後で使うpdf結合ソフトはファイル名順にしか並べられないので、ファイル名の順番=ページの順番、にする必要があるからです。

たとえば、"1.pdf"から始まり"231.pdf"で終わるファイル群をそのまま結合すると、表紙をめくると目次もなくボールペンが出てくるような、めちゃくちゃなページ順になってしまいます。
(ファイル名順に並び替えると1.pdf、2.pdf、3.pdf..ではなく、1.pdf、10.pdf、11.pdf、12.pdfというような並び順になるため)

↓例)ぺんてるカタログのファイル群



なので、001.pdf、002.pdf, ... 231.pdfとなるように、ファイル名を変更します。
Flexible Renamerでpdfの入っているフォルダを選び、「数値の整理」→「末尾からn番目の数値の桁合わせ」という項目を選んで「リネーム」ボタンを押せばOK。

※Flexible Renamerのダウンロード元
http://www.vector.co.jp/soft/winnt/util/se131133.html



↓ぺんてるカタログファイルのリネーム後




3.<ConcatPDFで、PDFを1ファイルにまとめる>
ConcatPDFをPDFの結合に使います。このソフトが良いのは以下の2点。
・ファイルをファイル名順に並び変えることができる。
・拡張子が.pdfでなくても読みこめる。類似ソフトでは読みこめない物があった。

※ConcatPDFのダウンロード元
http://www.ujihara.jp/ConcatPDF/ja/

ダウンロードしたPDFファイルを、ConcatPDFの窓にドラッグ&ドロップします。

↓ドラッグ&ドロップした状態

そのままだと、ファイルがファイル名順に並んでいません。(赤枠で囲んだ部分)

そこで画面上部の"FileName"の部分をクリックします。ファイル名順に整列されます。


ファイル名の逆順に並び変えられてしまったら、もう一度"FileName"の部分をクリックするとファイル名順になります。
この手順を忘れるとページの順番がめちゃくちゃに・・・。

上部メニューの"ファイル"→"名前をつけて保存"で好きな名前で保存します。

あとはダブルクリックして保存したpdfを開き、きちんと結合できているか確認します。



これで完了です。おつかれさまでした。
結合された状態でまるごとダウンロードできる方法があったらいいなあ。


*PDF結合ツールのメモ
試したフリーのPDF結合ツールでは、どれもぺんてる社史が結合できなかった。理由不明。
フリーのpdf結合ツールは大抵iTextライブラリを使っているのでツールを変えても肝心な部分はほぼ同じなのかもしれない。

以下試したもの
・ConcatPDF - 拡張子がpdfでなくても認識してくれる。ファイル名順でソートできる。わかりやすい。試した4つの中では一番よかった。iTextSharp。

・PDForsell - 不要ソフトインストールのない2.2を使用。一番駄目だった。一括ソートできず、順番を並び変えるのに何度もボタンを押す必要がある。いちいちpdfの内容を表示するため重い。現行バージョンではKingsoft Office、Yahooツールバーなど、邪魔ソフトのインストールを要求してくる。拡張子がpdfでないと認識しない。拡張子pdfだが中身はpdfではないファイルをドロップすると、『使用中のファイルなので保存できません』という的外れなエラーメッセージが出た。iTextSharp。

・pdfpdfpdf - ConcatPDFとほぼ同じ。しかし拡張子がpdfでないとpdfファイルと認識しないので今回の用途には向かない。新しめのバージョンのPDFは結合できないらしい。(破損と表示される)。iText系ではなさそう

・PDF Split and Merge basic - ソートできる。一応結合もできたが、指定と異なる名前で保存されていた。結合失敗時のエラー音が独特で初めはエラー音だと気付かなかった。よくわからないソフト。他のツールに比べて表示されるデータが多い。ファイル名だけでなくファイルパスやバージョンも表示される。iText。
posted by masati at 00:59 | Comment(1) | TrackBack(0) | メモ

2012年12月20日

[メモ] ゼロシン300のクリップの外し方

プラチナ ゼロシン300(MZ-300)のクリップの外し方。
TUFFと方法は同じ。だがタフに比べてかなり外しにくい。(参考:タフのクリップの外し方

注:TUFFと異なりクリップのあった位置に突起がないので、クリップを外すと非常に転がりやすくなる。

↓ゼロシン300の全体図。ラバーグリップからクリップ先端までの距離が近く、クリップが手に当たりやすい。



↓ここのクリップの端からプレスマンクリップを差し込む。


クリップの切れ目からプレスマンクリップを差し込む。
タフよりプレスマンクリップを差し込みにくい。ゼロシンクリップの角の部分から差し込むとちょっとはマシかな。
プレスマンクリップは、ゼロシンクリップの下側に差し込む。そうするとクリップが上に行きやすい。

かなり無理やり入れることになるので溝にちょっと傷がつく。


タフの時と同じように、プレスマンクリップを奥に押し込みながら、ゼロシンクリップをプレスマンクリップで浮いた側にひねる。
つまり、物を差し込んで、ゼロシンクリップを浮かせて、溝からどうにか外すのだがなかなか外れない。


どうにかクリップがでっぱりを乗り越えたら、後は余裕。
上に力をかけつつ、クリップを左右交互にひねればだんだんクリップが外れていく。
↓でっぱりのある位置





↓クリップが外れた図。太さがあるためかクリップを外しても見た目はいい感じ。(私見)


<余談:クリップ先端について>
今までクリップ先端の球は金属球をくっつけてあると思っていたが、板を曲げて球の形に作ってあった。

クリップ先端を良く見ると、円形ではなく台形を丸っこくふくらませたような形状。


クリップを裏から見ると、金属板を曲げて形を作ってあるのがわかる。
posted by masati at 23:48 | Comment(1) | TrackBack(0) | メモ

2012年12月06日

[メモ] ぺんてる グラニフシュタインのクリップの外し方

一言で言うと、回してから上に引っ張る。
最初から上にひっぱっても外れません。

1.最初の状態。キャップは外しておきます。
2012_12_graniph2.jpg

2.クリップを横に回します。一周の1/4ほど回転させます。少々力を入れる必要があります。
↓の写真は回したあとの状態。このあたりまで回転させます。
・クリップ前から
2012_12_graniph3.jpg
・クリップ後ろから
2012_12_graniph4.jpg

3.後はクリップを上にひっぱれば抜けます。
2012_12_graniph5.jpg


※graniph stein(P303S/P305S)の他に、P32x系、P20x系、ダイソーで売られている同じ形状のシャーペンも同じ外し方でいけるでしょう。

※グラフペンシルについて
クリップの形は同じですが同じ外し方はできません。無理やり押し込んで固定してあるので力ずくで外すしかないと思います。
posted by masati at 16:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | メモ