2014年04月10日

[メンテ] 厄介タイプの芯詰まりが直った

二年以上放置していた芯詰まりシャーペンが直ったメモ。
注:駄目元で無理やりいろいろやったら直っただけなので、運が悪いと止めを刺すことになると思います。
真似して壊れても知りません。


lead_eject_screw.jpg
昨日、こんな風に、グラフペンシルの針を限界まで突っ込んでグリグリしたら詰まっていた芯の欠片が落ちてきて直った。

*メモ
・直ったのは運がよかった。
・グラフペンシルの針が一番使いやすい。
・現行シャーペンの針:いろいろ。針なしが普通。パイロットSシリーズは芯径によらず0.3針のようだ。
 パイロット替え消しゴム付属の針の太い方:0.4〜用。
 昔の0.5シャーペンの太い針:0.5〜用が多い?
・コーリン金色芯は脆い。ただ芯が脆いおかげで芯が砕けて直ったんだと思う。
・このJIBシャープは芯が少し斜めに出ている。とりあえずSTEIN HB芯は折れなかった。現行芯のHBなら他の芯でも平気だろう。古い芯や4B芯を使うとやばそう。

*芯詰まりの位置
orenztumari.jpg
○の位置に詰まった芯は掃除針を入れれば簡単に取れる。
芯が取れない心配より、口金内のゴムが芯にくっついて落下し行方不明になる心配をしたほうがいいほど。
図の×の部分の、チャックとその奥にめちゃくちゃに詰まった芯詰まりが厄介。


↓これが厄介な芯詰まりを起こしていたシャーペン。コーリンJIBシャープ K-521。
lead_eject_overview.jpg
購入後、チャックに芯がいくつか詰まっているのに気づいた。
店頭では、先端に残っていた短い芯で書けたので気付かなかった。
とりあえず、古いシャーペンについていた太めの針でガシガシ突いて、チャックに詰まった芯は見える物は砕いて取り除いた。
それでも芯が出なかったのでお手上げ。
鉄線でも買ってくるしかないかな、と思いつつ放置して死蔵。
これが数年前の話。

冒頭の画像のように、駄目元で針をつっこんで乱暴にぐりぐりしていたら直った。
写真に写っている粉々の細かい芯は、針でガシガシ→ノックを繰り返して落ちてきた芯の欠片。

*芯掃除針
lead_eject_needle.jpg
グラフペンシルの針(写真手前)が、柄付きで、針も長く一番役立った。
柄があると持ちやすく、消しゴムに刺さったタイプと違って消しゴムが裂けないのが良い。
針の長さのおかげでチャックの奥の芯詰まりに届いたようだ。
針の太さ自体は0.3シャーペンにも入る細いもの。
乱暴に使ったせいで曲がったのか、芯タンクに戻すときにキィーッというひっかき音がするようになってしまった。

JIBシャープ付属の針(写真奥)は、0.5用の太い針なのは良かった。しかし、力をかけて使っているうちに土台の消しゴムが裂け、針が貫通したり外れたりして使いにくさがあった。
この針とぺんてる.5(S55型)の針で試したが、0.4パイプ(SP-504)には入らなかったので0.5〜用。

パイロット替え消しゴム付属の針は消しゴムに刺さっていないので、消しゴムが裂けることはない。
しかし今回は長さ不足でグラフペンシルの針があればいらなかった。
細い方が0.3のシャーペンにも入るもの。太い方は0.3には入らず0.4〜のシャーペンには入る。太い方といってもあまり太くない。

↓パイロット替え消しゴム付属の針。
lead_eject_pilot.jpg
あまり売られていないイメージだったが、ヨドバシドットコム(送料無料)にあるので楽に手に入る。
針目当てで買ったが、特別に使いやすいわけでもない。
消しゴムに刺さってる針よりは使いやすいか。グラフペンシルの針があるからいらなかったかな。

※パイロットでも、針がついていない替え消しゴムが多いことに注意。
掃除針付きなのは、以下の三種。
HERF-10(緑箱。主にドクターグリップシリーズ用。消しゴムホルダーは現行ドクグリと同じプラスチックタイプ)
HERFS-10(紫箱。主にエスシリーズ用。S3など)
HERFL-10(黄土色箱。持っていない。何用なのか知らない。検索したらジムノ・ロッキー用と出ていたが)


グラフ1000 0.5の針が何気に0.5径の針のようだ。
S5 0.9の針は0.3径の針だった。
posted by masati at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | メンテナンス

2011年02月05日

[メンテ] テープを貼ってカタカタ防止

キャップガタガタ対策。
MP_taped.JPG

テープを貼るなんてめんどい派なのですが、テープを貼らざるを得なかったのがこの辺。

上から、
三菱鉛筆Shift0.9mm
無印 アルミ鉛筆芯シャープペン 2.0mm みたいな名前の奴
ぺんてるファイブ(一番一般的な形の物)
Ohto SP-504
プラチナ プレスマン。

ぺんてるファイブはノック部と軸の隙間はさほどないのですが、線を引いていると軽い地震が来た窓ガラスのようにキャップがびりびりと震えるのでテープを貼りました。
他のはよく覚えていませんがキャップがかちゃかちゃうるさいのでテープを貼ったのだと思います。
アルミ六角軸2mmシャーペンが一番うるさかったような。

プレスマンの青色のテープはがたつきとは無関係で他の黒シャーペンとの区別用。

プレスマンとShiftのノック部にはドラフティングテープを貼ってしまいましたが、軸の内側とこすれるので表面がつるつるのテープのほうがいいかな。
ドラフティングテープはざらざらしてます。
0.9mmらしい色のテープを買ってきたら張り替えるかもしれません。

テープを貼りつつ長すぎたらテープを少しずつ切って、そのたびにテープがハサミにつくので糊がつかないと宣伝しているハサミがちょっと欲しくなります。
タグ:メンテ
posted by masati at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | メンテナンス

2011年02月03日

[メンテ] グラフの修理失敗で泣きそう

泣いてないけどしょんぼり。
買ってから使わず1週間ほど経ったPG1804を本格的に使ってみようと手に取りました。

mp_pg1804_repaired_overview_600.jpg
これ。

すると、
1.使いはじめて1分ほどで先端がぐらぐらし、芯がポキッと折れる
2.確認してみるとパイプがぐらぐらしている
3.そのうちパイプが外れた

MP_pg1804_tipbroken.jpg

…不良品乙。細芯軸の裸売りはこれだから。
ここまでが昨日の出来事。

レシートもあるし返品するかどうか迷ったのですが、いろいろ悩んだ末どうにかしてみることに。
パイプを押しこんではめてみるとぐらぐらのままですぐにまたパイプが取れたので瞬間接着剤を使ってみました。
それで失敗。
最初は成功かと思ったのですが、パイプがちょっと斜めってました。

これが今日の出来事。

まあ普通に使えるんですがパイプが少し斜めになってしまったので軸を回しながら書くと妙な感触です。
気にしなければ気になりませんが。

*敗因:
・ノックしたら普通に芯が出てきたので接着成功だと思ってしまった (この斜めパイプでも普通に芯が出てきます)
・接着剤をつけてすぐに芯を通せばパイプがまっすぐになるかと思った (落ち着いて考えると芯はけっこう柔軟ですよね)
・パイプがまっすぐか確認する方法を考えていなかった (シャーペンを立てて持ち、目の前に口金を持ってきてパイプに注目しつつ口金をくるくる回して外せば明らかな曲がりはわかるようです)
・接着剤がすぐ固まるので焦って手元が狂う

*反省:
パイプを確実にまっすぐにつけられる方法がないときちんと接着するのは無理かも。
まっすぐかどうか見る目に自信があれば手で調整してもいけそうな気もしますが、いい方法はないかな。

*感想
使用不可能なほどの失敗ではなく使えるようにはなったのでまあ良かったのかな。
ちょっと上手くいかなくて(´・ω・`)ですがこのまま使うつもり。
ぐらつきはなくなったので故障は口金だけということもわかりました。

ぱっと見もちょっと書いた感じも問題はないのでこういう修理失敗品も中古で売ってるかもな、と思ってしまいました。

mp_pg1804_r_andpg2003.jpg
似たシャーペンと並べて写真を撮ってみましたが角度の問題か、斜めってる感じがよくわかりませんね。(上のほうが先端が取れたPG1804。)
両方とも傷が多くボロいですが一応ほぼ未使用新品です。裸売りの長期在庫品は実質中古ですね。

mp_pg1804_scared.jpg

mp_pg2003_scared.jpg
表面が削られてアルミの地肌が見えています。
店にあるときからこの状態で、俺はこのキズは納得して買ったのでいいのですが(パイプの故障は気づきませんでした)知らずに買ったら涙目ですよね。裸売り怖い。
タグ:メンテ
posted by masati at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | メンテナンス

2011年02月02日

[メンテ] ローレットにボンドパックはダメかもしれない

2011.2/4追記:

注:この方法だとアルミが錆びるかもしれないのでお勧めしづらいです。


3回ボンドパックした後に20倍ルーペで見てみたら何か腐食しているような黒い筋や点々があるんですよね。
…と思ったら汚れに隠れて元から腐食していたようです。(ボンドパック前の画像で確認)
ただ、ボンドが腐食を悪化させたかもしれないのでこの方法はおすすめできません。
----追記ここまで----

OT_900_25_overview.JPG
このきったないローレットをきれいにする方法。

↓ボンド使用後
MP_rolette_bond2_removed.jpg

見た目は新品っぽくなりましたがなんだかローレットがちょっとべとべとになった気が。


調べてみた結果、木工用ボンドを貼って剥がす方法がよさそうなので試してみました。
レコードがきれいになるのだからローレットもきれいになりそうです。

※考えてみるとボンドは水分が多かったり、表面の膜をはがしそうなのであまり安全ではないかもしれません。
※このグリップは全体がアルミのものです。真鍮+メッキ系のグリップにやっても大丈夫かはわかりません。

参考サイト:
アナログレコードの木工用ボンドパック http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Stage/1784/bond/bond.htm
レコード・ボンドパック・クリーニング http://www.elechb.com/2003-1/lpbc.htm
レコードをクリーニングしているので作業が丁寧ですね。
それに対して金属ローレットはボンドを剥がしやすいしちょっとぐらいボンドが残っても問題なさそうなのでずいぶん簡単だと思います。

MP_rolette_bond1_bond.jpg
ボンドを厚めに塗りたくって乾かします。
(写真は乾いたあとの図)

MP_rolette_bond1_removing.jpg
はがします。ローレットでない部分にちょっとボンドをはみ出させ、そこを爪ではがして、そこからぺりぺりはがしました。
はがしやすいように一部にボンドを塗りませんでしたが、全体にボンドを塗っても平気そうでした。

MP_rolette_bond1_removed.jpg
はがしました。
濃い茶色の部分はパックしていない場所です。
だいぶきれいになりましたがまだ茶色っぽいですね。


そこで2度目のボンドパック。
MP_rolette_bond2_bond.jpg
ボンドを塗って乾かした図。
360度全部にボンドを塗ってもはがせそうだったので、全体に塗っちゃいました。
10時間乾かしました。もうちょっと待ったほうがよかったのかも。

MP_rolette_bond2_removing.jpg
剥がしました。汚れがボンドに移っています。

・↓比較用のパック前画像
MP_rolette_dirty.JPG
・↓2回パック後
MP_rolette_bond2_removed.jpg
だいぶきれいになりました。ちょっと汚れが残っていますがこのぐらいのきれいさなら使っても平気そう。
1回目の塗り残し部分がまだ汚れているので明日もパックする予定です。

*メモ
・1回だけでは完全にきれいにならない。2回やればだいぶきれいになる。
・乾いていないボンドは酸っぱい臭いがするので換気をよくしたほうがよさそう。(使われているのは水なので無害らしいのですが)
・ボンドを剥がしたばかりだとローレットからもすっぱい臭いがしたが、1日経てばにおいがなくなった。
乾燥が足りなかっただけなようです。24時間ほど乾燥させたものは臭いがしませんでした。
・乾かすときはいらない紙を広げてその上に立てて置く。倒れてボンドが床につくと面倒なのでその対策。3時間ほど経てば表面は乾くのでうっかり倒しても大丈夫。
・ボンドを塗ったペンはその日1日は使えないので使う予定のないものにする。

使ったボンドはダイソーで売られていたコニシの50mlボンドです。105円。日本製。
bond_konishi.jpg
右上にロングライフデザイン賞のマークがありますね。ぺんてるsmashが受賞したりしているものですね。
posted by masati at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | メンテナンス

2011年02月01日

[メンテ] パイプが潰れたSweetMelodyが復活

MP_sweetmelodyre_overview.JPG
先端パイプがつぶれた中古品のパイプを紙やすりで削りました。
芯を出すときに芯が削れて粉がたくさん出てしまう症状でしたが、つぶれた部分を削ったら平気になりました。

ついでにつるつる滑るグリップにはドラフティングテープを巻いて滑りどめにし、手や軸にぺチぺチ当たるアクセサリは輪ゴムで固定。
見た目の他はいい調子です。

MP_sweetmelodyre_pipe.JPG
左が紙ヤスリ前、右が紙ヤスリ後。
拡大写真を撮ってみると左は穴がいびつな形なのがわかります。
この金属はやわらかそうですね。やわらかいので一般的な0.5mmパイプよりずいぶん太くしてあるのかもしれません。

使った紙ヤスリは600番のものです。ちょっと荒かったかも。ゴリゴリ削れました。

MP_goodpipe_tikkyf.JPG
比較のための正常なパイプ写真。

今日は木工ボンドパックもやりましたが塗り残しの部分があるので明日もやります。

追記:
木工ボンドパックの記事を書きました。
http://sharpen-memo.suzuna.org/article/43149766.html
posted by masati at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | メンテナンス