2017年08月27日

[雑談]100均でシャーペンを買ってはいけないのか

結論から言うと外れを引きたくないなら買わない方がいいです。
ノーブランド中国製が地雷原すぎて目利き力が求められます。

100均でシャーペンを買う人はできるだけ安く上げたいという人が多いかと思いますが、クソシャーペンを掴んで結局高くつきますよ。

100均で地雷を踏まない知識がある人は既に手元にシャーペンが余っているような人だと思います(結局お金を節約できてない)。

説明のために100均のシャーペンを4タイプにわけてみました。
1.ノーブランド(主に中国製)の粗悪品と2.日本企業の定価100円シャーペンしか百均にはないと考えればだいたい合ってます。

1.ノーブランド(主に中国製)の粗悪品
 体感でダイソーシャーペンの8割を占めるのがこいつら。

 そんなにクソなはずがないと思ってダイソーでシャーペンを買うと先端収納がぐらぐらで投げ捨てたくなる物を掴むことでしょう。
 芯径が太くて(0.7以上)、先端固定式のものなら荒が目立ちにくいのでまだましなものに当たる可能性が高くなります。

 これらの販売元は百均ショップ名(ダイソーなど)だったり無名会社(レモンなど)だったりしますが、だいたい激安中国製ノーブランド品を右から左へ流してるだけです。
 aliexpressなどを覗くと百均商品と同じものがあったりします。

 初期芯の質が最悪だったり、内部のバネが曲がっていたり、ゴムが灯油臭かったり、金属ネジを回すとキーキーうるさかったりと、使えてもどこか不安になるシャーペンが多いのもノーブランドの特徴。

 既に使いやすいまともなシャーペンを持っていて、なおかつ粗悪品シャーペンを掴んでしまっても面白がれる人向けです。

 シャーペンにはこだわらない、普通に使えれば何でもいい、という人は逆に買わない方がいいです。
 筆記時のストレスの原因が粗悪なシャーペンだということに気付かず、ストレスを溜めながら使い続けてしまうかもしれないからです。

2.日本企業の定価100円シャーペン
 ダイソー以外(CanDoやセリアなど)の主力はこれかな。

 Uni(三菱鉛筆)、ぺんてる、ゼブラ、パイロット、トンボ、コクヨ、プラチナといったおなじみの日本企業の定価100円のシャーペン。

 定価100円のシャーペンなのでよそで買った方が安いし選択肢も多いです。
 まともなシャーペンではあるのですが100均で買う利点がありません。

 まあ大半が普通でまともなシャーペンなので買って困ったり後悔することもまずないでしょうが、
 興味ない人は地雷混じりの百均より商品のほとんどが日本企業シャーペンのホームセンターや事務系量販店や文具屋のほうが安全だと思います。
 
 他で売られていなかったりマイナーな100円シャーペンも稀にあるので、その判断ができて欲しいものがあるなら買ってもいいかも。
 他で売られていない日本企業の100円シャーペンは、プラチナpolyter(0.3、0.9)ぐらいかな。
 コクヨのWillや昔売ってたぺんてるの100円サイドノックも100均以外であまり見かけなかったかも。

3.中国ノーブランドなのに良いもの
 まずないです。
 
 百均ノーブランドシャーペンで、今までで買ってよかったと思ったのは、金属製2.0mmシャーペンと、六角軸アルミシャーペン0.5ぐらいかな…

4.日本企業の在庫処分
 定価200円〜500円ぐらいのシャーペンが稀に処分セール的に売られています。
 定価が高いものは作りがしっかりしていて良いものが多いです。
 でもあまり遭遇しないです。
 昔のダイソーには多かったらしいですが最近は全然ないです。

 俺が買えたのはプラチナの手帳用2種とソフトグラマー(500円版)ぐらいですね。

※2017 9/18 少し加筆
posted by masati at 22:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | お店

2017年08月02日

ぺんてる芯がダイソー送りに

daiso_pentellead.png

ダイソーにぺんてるのシャー芯が売られていました。
中身はハイポリマー100なのかな?わかりません。

ぺんてる芯がどういう理由で100均に進出したのかはわかりません。

ただ、文具屋も百均も利用する身から見ると、百均の文具売り場はお客が多くて勢いがあります。
百円ショップが文具屋を食っているという時代を感じさせます。

※2017.8/7 加筆、誤字修正しました。
posted by masati at 19:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | お店

2014年03月31日

[お店] ダイソーの新主力シャーペン?

・新主力?製図用風の先端収納シャーペン
0.5、0.7、0.9が揃っていた。
製図用風のルックスで目立つ場所にたくさん並んでいた。
かなり目立った。

daiso_newmp.jpg
上の画像は記憶力で頑張って再現したもの。
※軸色は違うと思う。カラーリングは思い出せなかった。

見た目は良さげなんだが、中国製ノーブランドという時点で何も期待できない。
さらに先端収納と来たら使い物にならないのは目に見えている。
買っても絶対使わないのでスルー。

ダイソーの中国製ノーブランドシャーペンは、パーツ構成的には300〜500円級(国内メーカー基準)が多いんだが、内部機構の質が残念で総合的には国内メーカーの100円シャーペンに劣るかな。
何本か持っているがどれも使ってない。
あの価格と構成で品質も日本メーカー並になったら日本メーカーは潰れそうだが、シャーペンではまだまだかな。


・花柄の自称オートマチックシャープ
オートマチックシャーペンもあった。
今は低価格オートマチックシャーペンで良さそうな物がないから目のつけどころは良い気がする。
しかしクオリティーは低そう。


・Polyter
プラチナ0.9mmシャープのpolyterがまだ現役だった。
悪くないんだがこれより値引きありの店でプレスマン買ったほうがいい気がするな。
プレスマンはたまに使うがPolyterは使わなくなった。
自分がシンプル300円製図系のような軽量細軸が好きなせいかもしれない。


・その他ダイソーシャーペン
プラチナ グラマーソフト(元は200円、MSIQ-200)
スライドスリーブなのが不安要素。
プラチナのスライドスリーブも昔ながらのぐらぐらする物だと思うので。
500円版のグラマーソフトが売っていればそれが一番良いだろう。もうほぼ売ってないか。

プラチナ オレーヌ(MOL-200)
ダイソーシャーペンの中では無難でいいと思う。ボールペンもおまけで付いてくる。

サクラクレパス グロッソ
フォームイレイサーとセットで売られていた。元から100円シャーペンだし、ノックスピュアの先端収納がいまいちでこれも同じようなものだと考えると要らないかな。


シャーペン以外で印象に残ったもの。
・三菱鉛筆 9800鉛筆
4本セットで105円。Made in Japan。
HB、B、2Bのバリエーションあり。
欲しかったが、未使用の鉛筆や芯が大量にあるのでやめておいた。

9800がこの値段で売ってるなら鉛筆には困らないだろうな。
でも削るのが面倒だからUni2.0mm芯のほうがいいかな。


・日本製 Golden Sword
消しゴムつき鉛筆。4本セット。
買ってみたかったが、HBしかなかったのでやめた。


・サクラクレパス ボールサイン
暗記セットに入っているボールペンが、廃番になったボールサイン蛍光の100円のものに見える。
ただし色は蛍光オレンジのみ。

ディズニーのボールペンにもボールサインがあったが、インクが不透明だったのでたぶんムーンライト80。
ボールサインは昔は愛用していたので思い出効果で目に止まる。

ボールサインは現行型は品質が落ちたのではと疑っている。
10年以上前の個体より早く駄目になるのは勘弁してほしい。

※通常色10本セット中2本が外れだった。1本はすぐ書けなくなり、1本はインクの出が渋すぎて書いていられない。上向き筆記などはしていない。

そんなわけでボールサインがよかったのは過去の話かもしれない。
以前は最後まで使いきれないほうがおかしいぐらいだったのにな。

※現行型と旧型の違い
・キャップに転がり突起がついているのが現行型
・軸にバーコードがついているのが現行型
・インクの逆流防止剤が透明なのが旧型、白濁しているのが現行型。気温が低いと白濁がひどくなる。
posted by masati at 23:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | お店

2014年01月04日

[お店] グラマーソフトの500円版がダイソーで100円に。

情報元は2chのシャーペンスレ。厳密には105円。

MSI500.jpg

実際に大き目のダイソーに行ってみたらありました。ボールペン(0.7)もありました。
200円版のグラマーソフトもあったような…。500円版が欲しいなら間違えないように気をつけてください。
ついでにオレーヌ200(MOL-200)もよくわからないボールペンとセットで100円で売られていました。

↓こんなパッケージでした。赤いほうはボールペン版。
MSI500_pack.jpg
MSI500_packura.jpg

↓グラマーソフト MSI-500の情報。(プラチナ万年筆公式サイト)
http://www.platinum-pen.co.jp/products/sharp/print_msi500.html

世界堂で買ったグラマーソフト500もあったので比べてみましたがダイソー版と完全に一致。
↓赤い方が普通の値段で買った物ですが中身は同じです。
MSI500_disasse.jpg
芯タンク部が外せそうで外せない。

以下、グラマーソフト500についての感想。

<感想>
ドクターグリップ改良版フレフレ抜き、といった雰囲気。
買った当時は頑丈さに期待していたせいでがっかりして放置していたが、頑丈さに目をつぶれば使いやすいと思えてきた。

グリップ頑張った系。滑りにくいのはいい。
しかしたまに軸がギシギシいってやばめ。まともなアルミ軸だったらよかったのに。力を入れて書きたい時は使いたくない。
書きやすさは…いいほうかな?芯の固定がきちんとしていて、グリップの感触と滑りにくさがいい。

100円で買えると考えれば素晴らしい。今できるだけ安くまともなシャーペンが欲しいならダイソーでこれを買うのが一番良いだろう。すぐ売り切れそうだけども。

○良い点
○滑りにくいグリップ
 ・厚みがあり、やわらかい。
 ・段差がついていて滑りにくい。
 ・極端な凹凸がついていないので持ちやすい。
 ・長さも4.7cmと長め。 ※100円シャーペンや100円ボールペンのラバーの多くは3.5cm程度。
 ・とてもホコリがつきやすい。これはしょうがない。ホコリがつきにくいラバーのほうがタチが悪い(ホコリがつきにくいのはツルツルカチカチのラバーなので)
 ・やわらかくギュッと持っても指が痛くならない。その代わりペン先を動かしづらく感じることがある。

○芯のぐらつきを感じない。
 スリーブは1.5mmほどの固定スリーブ。
 中国製によくある低品質なシャーペンだと固定スリーブでも容赦なくグラグラしますが、これは平気。

○キャップのガタガタが少なめ
 キャップ付近の芯タンクを太めにしつつ、キャップにもでっぱりをつけているおかげ?

×悪い点
×アルミボディー詐欺。
 グリップの土台が細めのプラ。ここがアルミでないのにアルミボディーアピールとはがっかりだ。
 構造はプラ軸シャーペンの上半分に薄いアルミ筒をかぶせた風。
 つまりは太い上に力があまりかからない上半分をアルミで包み、細い上に力がかかるグリップ部はプラ筒という残念な仕様。

×脆そう
 力を入れて握ると音がする。音はギシ、メキ、ベキ、ギギギあたり。強度不足を感じる。
 太いから頑丈だろうという期待は禁物。おそらくドクターグリップのように太い割に脆い。

×やわい。ラバーグリップ病
 グリップ部がプラ細軸なため、力を入れて書くと軸が曲がる感触がある。αゲルと同じような感触。
 グリップの厚みの分、土台を細くするという、ラバーグリップモデルにありがちなショボい作りのおかげ。
 やっぱり補強すべきなのはグリップ部だよなあ…。形状的に金属で作るのは手間がかかるのかもしれないが。
 下のほうを持てばこの欠点は気にならないと思われる。

・その他特徴
・クリップは外せない。クリップ部は軸がへこんでいる上にクリップ先端は見た目ほどには角ばっておらず、当たっても違和感が少ないように配慮はされていると思われる。
・グリップの内側に隙間がある。エアー入りクッションのような効果狙い?
・商品名を軸にデカデカと書きたがるモデルが多いなか、このグラマーソフトは控え目。
・先端パイプ長が1.5mm程。短い。(一般的な物は約3mm〜4mm長)
・重心は軸中央の銀リングの位置。わかりやすく、癖もない。

・その他メモ
・生産国:日本らしい。
ダイソーのパッケージにはMade in Japanとあるが、本体の軸にはIMPORTED BY PLATINUMとの表記があり国産じゃないアピールをしている。
実は中国製か、実質中国製でちょっとした組み立てだけ日本でやったパターンかのどちらかなのでは。部品は丁寧に作られていて中国的ではない。自社の中国工場?

ボールペン版はダイソーパッケージにMade in Chinaという記載がある。

・グリップ部のプラの直径:一番細い部分が約7.2mm。細軸シャーペン(だいたい直径8mm程度)より細い。
 ノックペンシル直径約7.4mm、プレスマン約8.2mm。三菱鉛筆9800は約7.2mm。
 グラマーソフトは見た目は太いが強度的には細軸だろう。やわな感触にも納得。

 同じくやわな印象をうける軸にS5がある。S5グリップ部プラ軸の一番細い部分の直径は約7.0mmだった。

・カラーバリエーション:5色。白、黒、シルバー、メタリックレッド、メタリックブルー。
・重量(実測、小数第2位四捨五入):
 全体 16.8g(芯二本入りで)
 口金 2.6g
 シリコーングリップ 3.2g
 キャップ 1.0g

・芯径:0.5のみ。
・初期芯:2本。薄め。
・グリップ:シリコーン
・口金、キャップ、クリップ:金属。
・チャック:真鍮三分割。中央の穴がずれておらず、まっすぐ芯を保持しているので加工も問題なさそう。
・消しゴム受け:底のない金属筒タイプ
・芯タンク:プラ
・軸:ほぼプラ。上半分(消しゴム側)が薄いアルミで覆われている
・クッション機能なし。
posted by masati at 23:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | お店

2012年12月07日

[お店] 主に世界堂本店で見たもの

<PROUSE1500は廃番ではなさそう>
PROUSE1500がいつのまにかネットショップから消えていたのが気になっていたのですが、"メーカー欠品中"と書かれていたので廃番ではなさそうです。
メーカー欠品はプラチナの万年筆ではよくあることのようですね。
0.7で1本売れ残りがありましたが、たぶん壊れているので手を出さないほうがよいです。パイプや芯ではなく、口金がぐらぐらしていました。

<故障軸>
オートのSP504(ラバーグリップの物)、プロメカSP-500P 0.5、PROUSE1500 0.7が気になってみてみたのですが壊れていたので手を出さないほうがいいです。
SP504は単純に芯が出ませんでした。
SP500P 0.5 の一本はガイドパイプの長さが2mm程度しかなく(思いきりぶつけてパイプひっこんだっぽい)、もう一本はガイドパイプがガラスペンのようにねじれていました。(先端が曲がったのをもう一度曲げ直して直したつもりになってる?)
PROUSE1500 0.7は上にも書きましたが口金がぐらぐら。試筆でわかったほど。

<プロメカ1000Pはガイドパイプ長をきちんと調節できない?個体差?>
1000円以上のプロメカシリーズは0mm〜4mmまでガイドパイプ長を調節できる、と宣伝されていますね。
しかし、中途半端なところでガイドパイプを止めるとグリップが多少ぐらぐらしていました。完全収納状態かフル露出でしか快適に使えなさそう。

今手元のPM-1007Sで試してみましたがそんなにグリップはぐらぐらしませんね。構造は同じだと思うので個体差?

<その他軸>
売り場で見た感想。
・ステッドラーのサイドノック(グラファイトなんちゃら)
 ノック硬すぎだろ…。硬すぎてびっくりした。

・ユラシャ
 おもちゃを文房具として学校に持ち込めるようしよう、という発想の臭いが少しする。戦える定規とかありましたよね。古くはキン消しか。
 あの起き上がりこぼし機能は、転がり防止という実用性があるので禁止はされないだろうけども。

・ぺんてる シュタインシャープ
 2階でなく1階に売られていた。裸売り。
 0.5にカラーバリエーションが増えた?緑とピンクがあった。最初からあったのだろうか。
 TVで紹介された、というPOPがついていたのだがどんな紹介をされたんだろう。興味がない層にはアピールしにくそうな軸なのに。
 なんにせよ、すぐに消えてほしくない軸なのでちょっとでも目立てればいいな。

・ぺんてる グラフ1000CS
 ブリスターパック入りなのは良いと思う。ぺんてる0.5なら芯ぐらぐらのはずれ個体の心配はしなくていいし。0.3はたまに外れがあるが。
 製品自体の感想はなし。リミテッドと同じだよねえ。マーブル軸なら1本買ってたかもしれない。

・オート ラジアルシャープ
 先端パイプがあれじゃなかったら買ってたかも。試筆で紙に先端が触れた時に先端のぐらつきがわかる。
 Ohtoの先端非固定モデルは期待できない。

・ゼロシン
 トップチャックは好きなので、ゼロシン300と500が相変わらず現役モデルなのを見て安心。
 ゼロシン500もそのうち黒軸だけになりそうな気配がする。
 無印良品の店では無印版ミリノもまだ売られていた。

・オートのボールペン軸
 よさそうな金属軸がいろいろあった。Ohtoは細部が少し雑な印象があるので実際どうかはよくわからないが、見た目の印象はとても良い。
 ボールペン派だったら買い漁っていただろうな。タッシェシャープかワーズシャープがあれば買ってみようと思っていたが、なかったので買わず。

・ドラフィックスHG芯 2H〜4H
 廃番アピールしているのに1年ほど前から数が減っているように見えない。2H〜の硬い芯の人気のなさを見せつけてくれる。

・三菱鉛筆 フィールズ
 ローレット+溝グリップで、ユニホルダーより手にやさしそうなイメージ。
 個人的にはユニホルダーでいいや、という感想。
 試筆用サンプル+袋入りの商品という売り方は安心できる。0.3シャープはそれだとだめだが。
 0.3シャープも袋入りを何も確かめないで買えるぐらいの精密さになればいいのにな。

・ゼブラ ドラフィックス300
 定期的に廃番説を見かける軸だが、在庫豊富かつ廃番アピールもなかったのでまだ現役なのだろう。
 主流のテクト系とは別の所で作ってそうな感触。

・ハイユニ芯 0.3
 廃番と書かれていた。根強い人気がありそうな芯なのに廃番なのか?
 0.5には何も表記がなかったので廃番ではなさそう。
*2013 1/16追記
生産終了ではなさそうです。
三菱鉛筆サイトのカタログに2012年12月の生産終了製品が明記されているのですが、ハイユニ芯のページは変化がないので。
--追記ここまで

・CandoのPlead H
 西武新宿ペペのCandoはやけにプラチナ Pleadの在庫が多かった。
 2B〜HBはどこのCandoにもあるが、Hを見たのははじめてな気がする。黄色い入れ物だったかな。買わないけど。

・無印のアルミ六角軸シャープ 0.5
 構造は好みだがグリップの加工が何もなく滑りやすかった。使いづらいのが目に見えているのでスルー。
posted by masati at 22:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | お店