2012年12月14日

[雑談] プラチナ PRO-USE 1500は廃番ではないらしい

タイトル通り。次回生産は年明け以降になるそうです。
問い合わせに回答していただいた某店の方、どうもありがとうございました。

元通りにショップに並ぶまではもう少し時間がかかりそうですね。
もともと置いている店が少ない軸でしたけど。


扱っている店はめったに見かけないものの、1500以外のプロユースは普通に在庫があるようです。
posted by masati at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | シャーペン雑談

2012年12月11日

[雑談] ユニカラー芯 0.5が年内で生産終了はデマでした

twitterの一部で流れていた話題ですが、デマというか誤解だったようですね。釣られてしまいました。
生産終了するのは、ユニカラーの軸のようです。

まあ、芯のほうも生産終了になりそうなオーラが出ているからこそ信じた人が多かったのではないかと。イラストの下書き用に人気のあるらしい青系の色はともかく、その他の色は需要なさげですし、現に0.7のほうは廃番になりましたし。
 0.7が廃番になったときはミントブルーだけがすぐに売りきれてましたね。


以下、シャーペン用カラー芯について思うところ。
はっきり言って、色芯はシャーペンの芯としても、色鉛筆としても、どちらにしても期待外れなので普通の替え芯の横で『きれいな色のシャーペン芯ですよ』という顔で売るようなものではないと感じます。
経験上、薄い上にかなり折れやすいものしか存在しないので。しかも高い。
カラー芯はシャーペン芯とも色鉛筆とも別種のデリケートで変わった画材という印象。

そういう物だとわかっている人が、それでも必要で買うのならいいのですけど。
posted by masati at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | シャーペン雑談

2012年12月07日

[雑談] ハイユニ芯0.3は廃番?ではなさそう

*2013 1/16追記&タイトル変更
生産終了ではなさそうです
三菱鉛筆サイトのカタログが更新されていて、2012年12月に生産終了した製品が明記してありますが、ハイユニ芯のページは何事もないので。
--追記ここまで

世界堂新宿本店に出かけたところ、0.3のハイユニの箱にひらがなで"はいばん"、と書かれていました。
まだ在庫はたくさんありましたが。
確認はとっていないので確かな情報かはわかりません。

ゆめ画材というサイトでも、Hi-Uni 0.3 2Hが廃番と書かれていますね。

0.5は廃番ではなさそうです。
posted by masati at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | シャーペン雑談

2012年05月27日

[雑談] グラフギア1000は製図用ではなかった

ニコニコニュース:高級シャーペンの実力について聞いてみた!
http://news.nicovideo.jp/watch/nw270646
より。
ぺんてる営業の丸山さんという方が、高級シャーペンというより製図用シャーペンについて語っています。

>「弊社製図用シャープペンシルの特徴は、低重心設計で細身に作られていること
>製図用の特徴としては、ペン先に重心がある低重心タイプになっていて、安定した書き心地であること。重心が上にあるとフラフラしてしまうイメージはお分かりいただけると思います。
>弊社の製図用シャープペンシルは、クリップが外れるようになっています

えっと、グラフギア1000の立場は…?

pentel_graphgear1000.jpg
(写真)高重心でクリップが外せないグラフギア1000。フラフラするよ!

グラフギア500やグラフ1000といった製図用の宣伝文句が、そのままグラギ1000の悪口になってしまっていて面白くて笑ってしまいました。ユーモアに溢れています。

<追記>自分はグラフギア1000が製図用でないとは思っていません。念のため。
グラギ1000に限らず製図用か否かはどうでもいいですけど。(2012.12/6)


ぺんてるの高級シャーペンといえばランスロットやエクスキャリバーのイメージなのですが。エクスキャリバーは消えてしまいましたし、話に出ないのは仕方ないのですかね。
posted by masati at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | シャーペン雑談

2012年04月12日

[雑談] 個人的いらない度TOP3のシャーペン

<オートシャープAP-105/AP-205>
 いつのまにか、OHTOのオートシャープが種類だけは充実していますね。
 しかしオートシャープAP-105とAP-205の出来は酷いものでした。あんなに先端がぐらつくスライドスリーブはちょっと見たことがないです。姿勢も台(紙の置いてある所)も不安定な店頭の試筆だけでぐらつきがはっきりわかるレベルでした。

OHTO製品がマイナーで良かった、とさえ思ってしまいましたよ。知らずにあんなの買う人がいたらかわいそうなので。
新宿の世界堂本店の1階にありました。


<ゼブラ アルベスピールト>
 他に残念だったシャーペンはゼブラのアルベスピールト。0.5mm固定スリーブのくせに芯がぐらぐらしていて、軸も細い部分が頼りなく、買っても絶対使わない事が売り場で見た時点でわかるものでした。
確か10本ほどチェックしましたが全部ぐらぐらでしたね。
 こういうのを見ると固定スリーブなら良くて、先端収納はだめ、というわけでもないですね。
ボールペン版も、リフィルと軸の間の隙間が大きくペン先がガタガタ言う物でした。


<ラミー サファリ>
他にはラミーサファリも先端ぐらぐら、軸も安い作り(普通のプラで成型線処理してなかったような)、持ち方の自由度がないグリップと全体的にどうしようもない印象でした。名前を良く聞くので実物とのギャップに驚いたのですが、考えてみればファンが多いのは万年筆で、シャーペンではないのかな。
アニメグッズとして見るならまあこんなものなのかな。アニメグッズはわりと高価なイメージがあるので。

見たことのある現行品で欲しくない度トップ3なシャーペンでした。
posted by masati at 00:50| Comment(1) | TrackBack(0) | シャーペン雑談

[雑談] 記事の訂正

世界堂カードの元が取れる額 ( http://sharpen-memo.suzuna.org/article/42918494.html )が間違っていたので直しました。7%還元って言ったら表示価格の7%と思うじゃんね。実質5%でした。

それから、シャーペンの芯がぼろぼろになっていた記事があり、チャックの締め付けが強すぎるせいか?と書いていましたが、今思うとやわらかめの芯がガイドパイプに当たって跡がついていただけと思え、的外れなので消しました。
posted by masati at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | シャーペン雑談

2012年03月27日

Tikky RDの新色が4月に出るらしい

Tikky RD 4C lineという物らしいです。
従来のパステルカラーの4C toolsに比べると控えめな色です。
黒グリップなので普通の物より汚れが目立ちにくいかもしれません。
↓参考画像
http://www.office-profishop.com/index.php?cat=c4594_rotring-4C-Edition.html
海外では0.7mmもあるようですが、日本では0.5mmだけのようですね。

4月に発売することについては、ホルベインのロットリングカタログに出ていました。
ホルベイン製品カタログページ
( http://www.holbein.co.jp/products/index.html )
の、
( http://www.holbein.co.jp/pdf/products/rotring.pdf )
からカタログをダウンロードできます。

 ところで、ホルベインのロットリングカタログ部分に、『精密性が世界的に高い信頼を得ています。』とありますが、ロットリングシャーペンに関しては精密とはいいがたいですね。0.35mmは芯がぐらぐらする物ばかりですし、0.5mmでもたまに芯がぐらぐらするものが混ざっていて当たり外れがあります。
 買う時はきちんと芯が固定されているかチェックするのがよいでしょう。0.7mmと1.0mmは問題ないです。

 これはロットリング300、500、TikkyRDを見ての印象です。先端収納つきのものや一般筆記用はもっと悪いかもしれません。(ビズペンシル0.5mmは、上記の製図系よりぐらつきが酷い印象でした)
posted by masati at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | シャーペン雑談

2012年03月04日

エアブランの限定色が出ているらしいですね

色は、
○チャーミング(銀色の模様)
ホワイト、ソフトブルー、ピンク、バイオレット

○フェアリー (白の模様)
ソフトブルー、ソフトグリーン、ピンク、オレンジ

ネットで取り扱っている店はまだあまりないようですが、オプトやS3の限定色が実店舗でそれなりに売っていたことを考えると店にいけばありそうですね。
0.3mmは外れが多いのでネットで買うには向きませんし。
世界堂あたりに入荷してそうです。

サファリなど興味のない物の限定色はどうでもいいのですが、ちょっと興味があったシャーペンの限定色が出ると、この機会に買っておこうかなと思ってしまいますね。

追記:2012.3/6
お店でしっかり見てきました。
しなりが酷くて使う気がしないので欲しくなくなりました。ラバーグリップ部の軸がプラスチックなのに細すぎますね。
0.3mmなのに芯がグラグラしない個体が多く、安い点は良いのですが。

以下楽天アフィリから引っ張ってきた画像。全部貼ると画像が大きいので代表して2本だけ。


posted by masati at 23:55| Comment(3) | TrackBack(0) | シャーペン雑談

SP-505が消えてた

オートのSP-500(黒いシリコーングリップの奴)は0.5mmだけシンワの製図用シャーペンとして生き残っていると思っていたら、シンワシャーペンがオート現行のSP-505Pに切り替わってますね。

いつか買おうと思っていたのですが、まあ仕方ないですね。
posted by masati at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | シャーペン雑談

2012年02月24日

[雑談] ファーバーカステルのvarioLもパクられてた

http://www.emicro.co.kr/cgi/goods/upload/44907728.jpg
このグリップと硬度表示は見覚えがあるなと思ったら、FaberCastellのTKfine varioLですね。
HEXA 3000というシャーペンだそうですが。

http://www.emicro.co.kr/cgi/goods/upload/93048462.jpg
こっちのモデルも。ごてごてして悪趣味になっていますがこちらはグリッパーの光沢感もvarioLっぽいです。
posted by masati at 01:29| Comment(0) | TrackBack(0) | シャーペン雑談