2014年02月25日

[雑談] ぺんてるキャプレットのパクリ品がファンシー文具で売られていた

キャプレットというのは、昔ぺんてるが出していた100円のキャップつきシャーペン。
100円でキャップをつけたしわ寄せか、全体の部品が安く、全身透明プラ&先端パイプなし、という物だった。

そのパクり商品をファンシー文具売り場で見かけた。
パクりというよりコピー品なのかもしれない。
中国製だったかな。

自力で開発してたまたま似たとしたら、キャプレットと同じ独特なパイプなし先端でなく、一般的なパイプ付き先端になるだろう。
グリップもキャプレットと同じような形状だった。
よってパクり品と判断。

どうせならもっといい物をパクるか、欠点を改良すればいいのに…。
おそらくすぐキャップにヒビが入るだろうし、下手に落としたりすると口金の先端も欠けるかもしれない。
キャプレットの店頭在庫で口金が欠けている物を見たことがある。
posted by masati at 00:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | シャーペン雑談

2014年01月21日

[雑談] プラねじはなぜ駄目なのか

Knock_f_overview.jpg

こうなるから。ドクターグリップの真ん中にこのようなヒビが入った経験者も多いのでは。
Knock_f_crack1.jpg

ヒビ割れとは関係ありませんが、こういうペンタイプの消しゴムは消えにくかったですね。現行品はどうかわかりませんけど。

↓もう一つヒビ割れ発見。
Knock_f_crack2.jpg

<この消しゴムについて>
表記から、商品名がモノノックF、型番がEH-100KFというところでしょうか。
(軸にはMONO KNOCK-F TOMBO EH-100KF JAPANと書かれています)。
消しゴムの直径は実測4.9mmでした。Fと名乗る割に細くないです。

このタイプのトンボのリフィルは廃番らしいです。しかし公称直径5.0mmの三菱鉛筆イーノックのリフィル(ER-100PK、ER-100MK)が使えるかもしれません。レーダーノックの替えゴムのEH-KRも5mm径らしいですが、形状が違うのが微妙。※どちらも実際には試していません

ノックで消しゴムが出てくる仕組みは一般的なシャーペンと同じです。バネの位置がシャーペンとは違いますが、100円シャーペンの機構を大型化したような作り。モノノック3.8は2分割プラチャック、モノノックFのほうは4分割プラチャックでした。
posted by masati at 17:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | シャーペン雑談

2014年01月11日

[雑談] なぜ人はロットリングの重さを間違えるのか

カタログが間違っているから。

※以下の画像はホルベイン・ロットリングカタログ20ページより(http://www.holbein.co.jp/catalog.html)

rotring_wrong.jpg

>ロットリング300 ●重さ:8g
>ロットリング500N ●重さ:9g
>ロットリング600 ●重さ:18g

ロットリング500Nの9gはありえないのは店で手に取っただけでわかりますね。ロットリング300と変わらない重さということになるので。
ロットリング600の18gは微妙ですが、これも間違ってるらしいですね。

実際に量った人によると以下の通りらしいです。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1394004123 より
rotring rapid PRO 24.3
rotring rotring500 13.2g
rotring rotring600 22.8g
rotring rotring800 24.7g

自分はロットリング系は持っていませんが、ぺんてる系やSシリーズのシャーペンを量ったところ結果がほぼ一致したのでたぶんこれで合ってます。

この重量間違いは何年か前に話題になった記憶があるのでそろそろ直ってるかな…と思ったら直っていませんでした。
店の表示も相変わらずな感じですね。

↓例(和気文具という店のサイトより)
■ロットリング500Nシャーペン
500Nシリーズは、メタルグリップを採用していて、重量感と質感が魅力の1本です!軽いペンは逆に使いにくい!という方は、コチラをオススメ。

重さ9グラム
いや、9gだったら軽いから…
posted by masati at 15:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | シャーペン雑談

2013年11月02日

[雑談] 芯のぐらぐらはありえない

個人の感想です。
自分が重視しているポイントを考えてみた。

1.芯がぐらぐらしない
 これは絶対。自力で対策できない。
 芯がぐらぐらする物としない物が並んでいたら、ぐらぐらしない物しか使わなくなる。

2.軸が固い
 力を入れると軸が曲がる感触がある物はあまり使いたくない。
 駄目なものはS5などラバーグリップのプラ軸に多い。
 金属軸有利。

3.クリップが邪魔にならない
 外せれば邪魔でも構わない。
 外したときに転がりにくくなっているといい。
 
4.グリップが滑りにくい
 ラバーグリップ有利だが、ラバーグリップはカチカチツルツルになるものが多い。
 ラバーグリップならシリコーンの物がいい。溝ありだとさらに滑りにくい。
 
 プラ軸や金属軸に溝があるタイプは滑り止め力は低い。
 金属ヤスリのようなタイプは物によって滑り止め力が大きく違う。ステッドラーのREGは滑る。

 滑りやすいグリップだと、滑らないように無意識に力を入れてしまうので指が痛くなる原因になる。

5.キャップがカチャカチャいわない
 現行品でカチャカチャ言わないのがほとんどない。
 テープで隙間を埋めて対策。
 タフやスマッシュは対策しなくても大丈夫。

6.壊れにくそう
 総金属が理想だが、ねじとチャックが金属なら平気なのでは。

7.安め
 安めだと思うのは300円代までかな。壊してもかまわないと思うと気が楽。


4と5は、対策すればましになる部分。
6.は壊れてもいい値段の物ならいいかな。
重要なのは1〜3で、特に1か。

グリップがとてもやわらかいものは一長一短。力をかけてもグリップに吸収されて疲れる 線が薄くなる上、手が動いたとおりにはペン先が動かない感触。指の痛み、ペンだこ防止にはいい。


自分が気に入っていたもの、一時期使っていたものに照らし合わせ。

1 3 67 ぺんてる グラニフxシュタイン
1 345 ぺんてる スマッシュ
1 345 7 ぺんてる タフ
1 3  7 ゼブラ  ノックペンシル M1300
1 3 5  ウチダ  ドローイングシャープ回転繰り出し現行品 ※わずかに芯ぐらぐらするかも
1 34 7 プラチナ ゼロシン300
1 4 6 ぺんてる エルゴノミックス PR505
123 オート  SP-507M ※手元の個体はネジのゆるみが不安
123 6 オート  プロメカSP-505P ※0.3は不安定
1 3 7 プラチナ PROUSE 300 ※0.3は不安定
1 3 プラチナ PROUSE 500 0.5 ※ラバーグリップだがけっこうツルツル
1 3 7 パイロット S3 0.5 ※0.3は不安定
1 3 67 ぺんてる Hue 0.5
1 3 67 ぺんてる シュタイン 0.5
1 3 6 ぺんてる グラフペンシル 0.5
3 ロットリング TikkySpecial 0.5 ※個体差大きく外れが多い。
123456 フジコロナ メカペン0.3

2.軸が固い、については、金属軸の固さを基準にしたらプラ軸が全部駄目になってしまった。
実際はプラ軸でも十分な物が多い。

まとめてもよくわからない。慣れも大きい気がしてきた。

実際には、現行品0.5ではぺんてるスマッシュが一歩リードしている印象。
スマッシュは買ったままでストレスなく使える度ではトップなのでは。
・先端安定 ・グリップしっかり ・キャップ震えない ・クリップ控え目で外せる。外しても転がりにくい
主に価格の問題で学校に持っていくにはあまり向かないと思うが。学校は物がなくなりやすいので。

しかしほとんどスマッシュ使ってないなあ。もっとシンプルなシャーペンで足りてるからかな。
posted by masati at 18:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | シャーペン雑談

2013年10月29日

[雑談] 赤や白のスマッシュや、メタリックのP205があったらしい。ただし韓国向け

記事のタイトルの通り。
スマッシュ。
http://www.fancyroom.co.kr/product/detail.html?product_no=3255
色は白、赤、ピンク、緑、青のようです。

画像1
http://www.fancyroom.co.kr/web/product/big/ryuje0_3255.jpg

画像2
http://www.artsc.co.kr/shopimages/artfancy/004006000037.jpg
韓国で2013年1月ごろに発売されたらしい?
けばけばしい色のsmash画像があったので、smashにも偽物が出てきたのかと検索していたら本物でした。
すでに在庫はほぼないようです。

*P205の限定色。メタリック系。13色もあって充実してます。
http://www.rnbfancy.co.kr/goods_detail.php?goodsIdx=6472
カラーバリエーションは、レッド、グリーン、ブルー、バイオレット、ピンク、ホワイト(非メタリック)、シルバー、ゴールド、ライトブルー、ブロンズ、ブルーグリーン、ライトグリーン、パステルレッド、らしい。
きらりシャープはこれのついでに作ったのかな。

*ケリー黒軸のゴールドトリム版なんてのもありました。限定500本らしい。
ノーマル軸の3倍ぐらいの値段です。ケース代?
http://www.rnbfancy.co.kr/goods_detail.php?goodsIdx=6777
posted by masati at 22:33 | Comment(1) | TrackBack(0) | シャーペン雑談