2017年08月26日

[雑談]ナノダイヤカラーミックス芯が開封前に折れて萎えた

_nanod_colorlead.png

自分の不注意のせいですが。
200mlの液体と一緒に袋に入れた状態で、およそ1mの高さから固い地面に落っことしてしまいました。

なんだか萎えたのでナノダイヤcolormixと色鉛筆の比較でもしようかと思っていましたが今日はやめておきます。

裸売りの製図系シャーペンを買っていた時はプチプチエアークッションとセロテープで保護したりしていたんですけどね。
油断したときに事故は起きるものですね。

   2本しか入っていない芯は?


ところで7色20本入りということは、一色だけ2本しか入っていない色があるはずです。

それがどの色か調べようとしたら想定外の事態が。
色の差が微妙すぎてわかりません。

青とラベンダーが合わせて5本しかないので、どちらかが2本しかない色になりますが。
↓真ん中のが青かラベンダーかわからないんですよね。
_nanod_colorlead_bare.png

やけくそで彩度を上げまくるとなんとか判別できました。
ラベンダーが2本しかありませんね。
_nanod_colorlead_bare2.png

   芯色の表記を見ると8色ある…?


_nanod_colorlead_pack.png
ケースの裏を見ると8色入っているように読めるんだけど…大丈夫かこれ。
実際には右上の黄色が入ってません。

袋はちゃんと7色表記だから袋つき販売の店は問題なさそうだけど、世界堂あたりでは裸ケース売りだったような。
posted by masati at 19:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | シャーペン雑談

2017年08月25日

ダイソー六角アルミボディシャーペンがすごい

記事作成中です

一か月近く前に買って、わりと使ってみています。

ストレート、六角形、細身アルミ軸
3mm針型パイプ、固定スリーブ

アルミ軸には梨地風加工がされていて、ツルツル軸よりは滑らない。
滑りにくいというほどでもない。

*気に入った点
・継ぎ目のないアルミ軸 シンプル
・3mm針型固定スリーブで、芯がぐらぐらすることもない
・クリップもそんなに邪魔にならない位置&形状
 ※外せない

*欠点
・キャップ周りの隙間が大きく、激しくカチャカチャ言う。
 キャップを外せないため、テープで隙間を埋めるいつもの方法も使いにくい。
 (外し方がわからない)
 私は無理やりテープ差し込んで埋めましたが…。
 
*気になる点など
・たまに口金のねじが緩んでいることがある
・冬は他のシャーペンを使うだろう。
 おそらく滑る上に冷たい。今は夏だから問題ないが

*その他メモ

・材質(目視で判断)
軸:アルミ
キャップ:アルミ
キャップ受け部:鉄(ステンレス?)
クリップ:鉄
芯チャック:真鍮
口金:真鍮+何かのメッキ(クロームメッキ?)

チャック〜バネ周りにプラスチックの筒が使われている
芯タンクは見えないが、プラスチックだろう
(メカはプラ芯タンクの後端にキャップ受けパーツ、先端にチャック+バネパーツをくっつけた構成だと予想)

※パッケージ裏表記の材質はアルミニウム、黒鉛のみ

・実測値
全長:15.5cm(155mm)
重量:9.55g

・価格
108円
posted by masati at 08:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 使ってみた

2017年08月22日

【他】プレピー万年筆が値上がりするらしい

プラチナ万年筆社のプレピー万年筆がリニューアル値上げするようです。

_preppy.jpg

シャーペンと無関係で申し訳ない。
※シャーペンにもpreppyの名を冠するモデルがいくつかありますが、今回の記事には登場しません。

でも、シャーペンで軽く下描きして、万年筆をつけペン替わりにする人もいると思うので完全に無縁ではないかも。
(私もやったことがあります)

知らずに悲しい思いをする人が減るかもしれないので記事にしました。


◆ヨドバシならギリギリ間に合うかも。送料無料

ヨドバシドットコムならまだ旧版の在庫があるようです。

ただし、中字(0.5)は黒とブルーブラックしか残っていません。
細字(0.3)と極細(0.2)は全色残っていました。

↓ヨドバシドットコムのプレピー 万年筆での検索結果
http://www.yodobashi.com/?word=%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%94%E3%83%BC+%E4%B8%87%E5%B9%B4%E7%AD%86
旧版を買うなら今のうちですね。
※万年筆ではない、プレピーマーカーやプレピーマーキングペンという紛らわしいやつらも検索にひっかかるので気を付けてください。

◆amazonはもうだめ

amazonも覗いてみましたがもう旧プレピーの在庫はほとんどないようです。
なのでamazonリンクは貼りません。
無意味だし。



◆ソースはプラチナ公式

プラチナ万年筆社の公式ニュースリリース
http://www.platinum-pen.co.jp/press_290703.html
2か月前に発表してたんですね。全然知りませんでした。

今のところ、新型も旧型も製品情報ページに載っています。
しかし、リニューアルと発表されているので、定価200円(0.2は300円)の旧版は在庫がなくなったら消えてしまうでしょう。

新型は色付き軸なので、価格差は気にしなくても旧型を好む人もいるでしょうね。
posted by masati at 18:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他